BLOG

Japansese / English

SGT 富士 レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round2
「FUJI GT 500km RACE」RACE REPORT

スーパーGT2017シーズン第2戦が富士で開催、46号車は予選11位に終わる

5月3日(水) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:3位 1’29.171(千代)
■公式予選Q1結果:11位 1’28.836(千代)

4月に開幕したスーパーGT 2017シーズンは第2ラウンドを迎え、ゴールデンウィーク恒例の富士スピードウェイ500kmレースが開催。この日は公式予選が行われた。GT500クラス全メーカーが新車両を投入した今季は勢力図が昨季とは異なり、開幕戦ではこれまでのような速さを見せることができなかった46号車「S Road CRAFTSPORTS GT-R」だが、その後約1ヵ月のインターバルの間、ライバルとの性能差を埋めるべく開発が進められた。そして午前中に行われた公式練習では終盤の専有走行時間帯に千代勝正が予選シミュレーションアタックを行い、クラス3番手のタイムをマーク。開幕戦で果たせなかったQ2進出に向けて期待が高まった。

この日の富士は朝から好天に恵まれ、予選日にもかかわらず多くのファンがサーキットにつめかけた。午前中の公式練習時に比べて、やや気温の下がってきた午後3時に公式予選GT500クラスのQ1がスタート。上位8台がQ2へ進出となる。46号車は千代がアタックを行った。



15分で行われるQ1は開始からしばらくの間全マシンがコースインを見合わせ、46号車も開始から5分を過ぎたあたりでコースイン。2周のウォームアップラップを経て、まずはファーストアタックで1’28.904をマーク。タイミングモニターの上位に46号車の記録が刻まれた。しかし、ライバル勢も同じくこの頃からタイムアップを果たし、46号車の順位は徐々に後退。千代は翌周も続けてアタックを敢行し1’28.836までタイムを削るが、1秒差内に12台が犇くという拮抗した戦いの中、46号車は11位となりQ2進出を果たす事は叶わなかった。

千代のアタック自体はベストに近いものであったが、アタック中のマシンに小さな問題を抱えており、ポテンシャルをフルに引き出せる状態ではなかった。しかしながら、マシンが万全な状態ではない中でQ2進出に足りなかったタイム差はわずかコンマ2秒。長丁場のレースでの挽回を充分に期待させるものだった。


■千代勝正コメント
「練習走行で本山さんとマシンのセットアップを進めていった結果、かなり乗りやすくなった感覚はありました。そして最後のアタックシミュレーションでもいいタイムを出すことができたので、予選には自信をもって臨んだのですが、アタック自体はベストな出来であったにも関わらず、アタック中のマシンに問題が発生し、タイムが伸びず11位とすごくもったいない結果になってしまいました。ベストな状態であれば、あとコンマ5秒くらいは縮められたはずです。Q1突破が見えていただけに悔しいですね。でもクルマは開幕戦の状態からかなり進歩しているし、レースは500kmと長いので、明日はしっかり追い上げて少しでも多くのポイント獲得を目指したいと思います」

スーパーGT第2戦決勝、46号車はポイント一歩手前の11位フィニッシュ

5月4日(木) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:11位(109周)2h53’46.475(千代→本山→千代)

前日に続き好天となった富士スピードウェイにはこの日、58,000人ものファンが詰めかけた。大声援につつまれた中、500kmに及ぶ第2戦決勝が午後2時5分にスタート。46号車「S Road CRAFTSPORTS GT-R」は、千代勝正がスタートドライバーを務めた。


パレードラン、フォーメーションラップの後、ローリングスタートで戦いの火蓋は切られた。長丁場のレースということで各車はクリーンなスタートを切りオープニングラップでの順位の変動は少なかったが、46号車はここで1台をオーバーテイクしポイント圏内へと進出。そして10周目には一度後退してしまうも14周目に抜き返しポイント圏内を死守。その後、序盤は8位から10位までの3台が1秒以内に犇めくという接近戦となるが、オーバーテイクのチャンスはなかなか訪れず膠着状態が続くことになった。



このまま粘り強くプッシュを続ければ、いずれ上位に進出が果たせるものと思われた。だが14周目のオーバーテイクが黄旗区間にかかっていたことで、46号車にペナルティが課せられることに。ドライブスルーペナルティを遂行した後、46号車は14位へと後退。


37周目に一度目のピットインを行った46号車はその直前に前走車にトラブルが出たことで、13位でコースに復帰。12位との差は大きかったが、レースはまだ70周以上残っている。千代から代わった本山哲は諦めることなく懸命にプッシュを続けた。このとき選んだタイヤは路面状況とあまり合わずペースが伸びなかったが、45周目にまたも前の1台にトラブルが発生し、46号車は12位へ浮上した。


75周目に2度目のピットインを行うと、本山から千代へ交代して12位でコースに復帰。ポイント獲得を目指し、千代は最後のプッシュを行う。第3スティントで選んだタイヤは路面コンディションとマッチし、46号車を加速させた。そして1台がペナルティを受けたことでスタート順位の11位へと復帰した後、10位まであと8秒差というところまで迫ったが、ここでチェッカー。46号車は第2戦富士をポイント獲得まであと一歩の11位で終えた。



次戦、第3戦は5月20日〜21日に九州・大分県オートポリスで開催。
昨年は熊本地震の影響で大会中止となった為、九州のGTファンにとっては2年振りのGTレースとなる。ノーウェイトで臨むオートポリス戦での巻き返しを図る。


■千代勝正コメント
「予選で不運があり、決勝でもペナルティを受けて結果としては何ひとつ満足できるものはありませんでしたが、500kmレースを完走したことでドライビングの面では様々なトライを行い、数種類のタイヤもテストすることが出来て、次につながるデータを得られました。その意味では非常に実り多いレースでした。これを活かしクルマもドライビングも今よりも更に進化させて、次回は上位勢としっかりと勝負したいと思います。2週間後のオートポリスも頑張ります」


千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2016年シーズンは、バサースト12時間、#46 S Road Craftsports GT-RからSUPER GT GT500クラス、#23 B-MAX Racing Team with NDDPから全日本F3に参戦します。 応援宜しくお願い致します!

5

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31