BLOG

Japansese / English

2018 SUPER GT Rd.5 FUJI

2018 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 500MILE RACE 」予選レポート

スーパーGT2018第5戦、3号車は予選4位

8月4日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:2 位 1’29.513(千代)
■公式予選結果:4位 1’28.872(本山)

SUPER GT 2018シーズンは後半戦に入り、富士スピードウェイで第5戦を迎えた。夏休みの富士ラウンドはここ数年恒例となっているが、今回から距離が500マイル(807.651km)という、全く性格の異なるレースに変貌。真夏の耐久レースは昨年までの鈴鹿1000kmで各チーム経験積みだが、コースが違えばノウハウも異なってくるため未知のレースといえる。そんな中、富士に強いGT-R勢でウェイトハンデが比較的軽い3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は、優勝候補の一角に名を連ねる。その期待通り、午前中に行われた公式練習では千代勝正が2番手タイムをマーク。好調な滑り出しを見せた。


富士はこの日、例外なく猛暑となった。午後2時55分、公式予選Q1はドライコンディションでスタート。GT500クラスの各マシンはタイヤパフォーマンスのピークを15分間のセッションの終盤に合わせる為、序盤はピットで待機、開始から6分を過ぎたところで一斉にコースインし、タイヤのウォームアップに入る。3号車は千代がQ1を担当し、3周のウォームアップラップを経て4周目にアタック。ここで1’29.076をマークすると、トップに立った。だが、ライバルたちもこのあたりがターゲット周回で、この後29秒台前半が連発。Q2進出の8台の差はわずかコンマ4秒以内と、超接戦となる。そんな中、千代のタイムは最終的に2位に留まることになり、3号車は順当にQ2へと駒を進めた。


Q1の上位8台によって争われるQ2は午後3時38分より開始。Q2は10分間ということで、各マシンは2分を過ぎたあたりから動き出す。3号車の本山 哲は8台中3番目にポジショニングすると2周のウォームアップ後、3周目にアタックに入った。そしてQ1と同じくQ2でも速さを見せた3号車は上位が29秒台で競り合う中、一気に28秒台へと突入。1’28.872をマークしトップに躍り出る。だがこの後、同じく28秒台をマークしてくるマシンが数台現れ、上位争いはQ1と同じく接戦に。最終的に3号車は4位で、セカンドローから明日のレースに挑むことになった。


■千代勝正コメント
「Q1のアタックはきちんとタイヤのピークに合わせられたものの、セクター3でのバランスに少し手こずり、トップタイムを獲ることが出来ませんでした。明日は長いレースになりますが、2列目という良いポジションからスタートできるので、しっかりと上位で戦って優勝を狙っていきたいと思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 500MILE RACE 」決勝レポート

スーパーGT2018第5戦、3号車は15位フィニッシュ

8月5日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:15位(139周)3h45’45.752(千代→本山→千代→本山→千代)

富士は前日同様の猛暑となり、500マイル(807.651km)のレースは過酷なものになると予想された。エンジン、タイヤ、ブレーキ、ドライバーにかかる負担をどう克服するのか、また義務づけられた4度のピットインをどう活かすのか、チーム全体の力が試される一戦は午後1時30分にスタートした。


レースは長丁場らしい、静かな幕開けとなった。4番グリッドからスタートする3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」の第1スティントを担当する千代 勝正はスタート後の1コーナーで順位をひとつ落とすも、落ち着いて立て直し、翌周には挽回。さらに3位浮上に向けペースアップと、順調な出だしを見せる。7周目にはGT300のトラフィックによってコースアウトし7位まで後退するが、ここも直ぐに持ち直し、11周目には6位に復帰。この先の長さを考えればペース的にもまだ、充分に上位進出の可能性はあるものと思われた。


ところが、20周を消化したあたりからタイヤのグリップが急激に落ち、3号車のペースは一気にダウンしてしまう。それまでコンスタントに刻まれていた1分32-33秒台前半のペースはそこから35秒台、36秒台と、周回を追う毎に苦しさが増すことに。3号車は23周目に再び7位に後退すると25周目には11位、26周目には12位まで順位を下げてしまった。


このため、3号車は予定より早い29周目に1回目のピットインへ。そして代わった本山 哲はペースを再び32?33秒台へと戻すと、徐々に前のクルマに近づいていく。この時点で14位とスタートグリッドの4位からは大きく後退してしまったが、レースは残り130周以上。この暑さで後半サバイバル戦となればチャンスはまだ残っている。本山はタイヤマネージメントに気を払いながら走り、遠い先にあるチャンスを待つことにした。だがやはり、タイヤは20周を境にグリップダウン。ここからペースはまた、一気に36秒台へと落ちることに。こうして3号車は2回目のピットインも57周目と予定より早めざるを得なくなり、千代が再びステアリングを握った第3スティントも、第1、第2スティントと同様にタイヤは20周しか持たず、第4スティントでも状況が好転することは叶わなかった。


そしてレースは終盤にさしかかり、予想通りトラブルを発生させるマシンが現れはじめる。その口火を切ったのが3号車だった。ここまで防戦一方の3号車に追い打ちをかけるように139 周目、今度は駆動系のトラブルが起きてしまった。これ以上は戦えないと判断したチームはここでリタイヤを決意。第5スティントを走っていた千代はピットに戻り、マシンをガレージに納めた。なお139周は全周回数の7割を超えているため、15位完走扱いとなった。


■千代勝正コメント
「今回のレースでは、上がった路面温度に対し、タイヤの消耗が想像以上に大きく、予定していた周回数を熟す事が出来ず、非常に厳しいレース展開となりました。シリーズの中でも一つの大きなチャンスと思い臨んだ富士500マイルレースでしたが、期待通りには行きませんでした。その分、次戦のSUGOでは今回の課題をしっかりと改善し、今度こそ優勝を目指して頑張ります」


2018 SUPER FORMULA Rd.4 FUJI

2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦 富士 予選レポート
□日付:2018年7月7日(土)□天候:晴れ時々雨

雨に翻弄された予選は16位 3戦連続Q2進出はならず

朝から降ったりやんだりを繰り返したこの日の雨の状況は、予選でも各チームを翻弄することになった。午後になり、一旦止んだ雨は14時のQ1スタート前に再び降り始める。しかし、雨量は少なく路面はまだ乾いたままの状態であることから、スリックタイヤで の走行は可能だった。各マシンは雨が本降りとなる前にタイムを出しておこうと、予選セッション開始からすぐにスリックタイヤでコースイン。路面温度が低い中、雨が降り始める前にアタックラップを行う為にはタイヤを作動温度領域まで早くウォームアップさせる事がカギと思われた。そこで50号車の千代はライバルとは違う戦略を採った。それは、タイヤが温まりやすいユーズドタイヤを使うというもの。そして 計測1周目に1分26秒093をマークした千代はトップに躍り出る。ここで 雨脚が強まれば、このままポールも見えていた。しかしこの後2~3周スリック でのアタックが可能な状況は続き、ピークのパフォーマンスでニュータイヤ勢に上回られてしまう。結局、1分25秒227までタイムを伸ばすもファーストアタックは16位で終えることになり、セッション終盤のセカンドアタックに挽回は託された。
だが、インターバルの間に雨脚は強くなり、各マシンはセカンドアタックに向けてコースインしたもののタイム更新は出来ない状況となり、ピットに戻ることに。
千代の3戦連続Q2進出はならなかった。


千代 勝正コメント
「ファーストアタックはユーズドタイヤでいきました。その結果、タイヤの温まりが良かったことで1周目はニュータイヤ勢より速いタイムを出せましたが、2周目からはニュータイヤ勢に上回られてしまいました。セカンドアタックはニュータイヤで行って挽回したかったのですが、雨が強くなってしまい、アタックを断念せざるを得ない状況となりました。富士は今季で一番狙っていたレースだっただけに後方グリッドからのスタートは残念ですが、レースではプッシュして追い上げていきたいと思います」


2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦 富士 予選レポート
□日付:2018年7月8日(日)□天候:晴れ

午前中のフリー走行ではソフトタイヤを履いて2番手タイムをマークと、16番手スタートながら決勝での活躍を予感させた50号車。 この日の富士の天候は午前中に一時雨が降る場面もあったものの午後には落ち着き、爽やかな夏空の下で午後2時15分、決勝スタートを迎えた。千代はスタートで鮮やかなダッシュを見せ、オープニングラップで13位まで浮上。ミディアムスタートだったことから、この後ソフト勢に一旦は前に行かれることになったが、午前中に見せたソフトでのペースの速さから、後半は挽回 していくものと思われた。そして13周目と早い段階でピットイン。他のライバル勢がピットインを終えるまでにプッシュし、順位を上げていく作戦であった。



ピット作業を終えた50号車は19位でコースへ復帰。1分27秒前半のペースを維持して前に近づいていく展開を見せるも、コース復帰から10周程で急激にタイヤのパフォーマンスが落ち、一時は前走車に対し、約1秒差まで縮めていたギャップはそこから先は縮まらなくなった。こうして後半は我慢のレースとなってしまった50号車は、残り2周となったところで前の2台がバトルにより接触して戦列を離れたことで17位でレースをフィニッシュした。


千代 勝正コメント
「スタート直前にアジャストしたセットアップは、決して悪くはありませんでした。 スタートもこれまでで最も良いスタートを切れましたが、追い上げを狙った後半のスティントではタイヤの消耗によるペースダウンの幅がライバル勢より大きかった為に我慢のレースとなってしまいました。結果は17位完走となり、今回も目標としていたポイント獲得には届きませんでしたが、所々では速さを見せられているし、チームも一歩一歩、着実に進化しています。今後はドライビングやタイヤメージメントを含めた戦略面などの課題を克服していき、残り3戦で必ず良い結果を出したいです。今回もご声援有難うございました。」


千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2018年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

8

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31