2017 Blancpain GT Series Endurance Cup Round 2

2017 Blancpain GT Series Endurance Cup Round 2

Japansese / English

2017ブランパンGT エンデュランスカップ第2戦 16位完走に終わるも手ごたえ有り

2017 ブランパンGT シリーズ エンデュランスカップ第2戦 シルバーストン/イギリス
レース予選・決勝レポート

□レース期間:2017/5/13-5/14 □トラック:Silverstone Circuit
□コース長:5.901km □コーナー数:18
□チーム/マシン:Motul Team RJN Nissan No.23 NISSAN GT-R Nismo GT3


2017ブランパンGTエンデュランスカップ第2戦がイギリス、ロンドンから北北西に約70kmのノーザンプトンシャー州に位置するシルバーストンサーキットで開催された。シルバーストンの天候は5月だが最低気温6℃、最高気温は18℃に満たず、日中でも冷たい風が吹き抜けてブリティッシュウェザーによるレースへの影響も懸念されていた。


5月13日(土) 10:46 天候:曇り一時雨 路面:ウエット&ドライ 気温:14.5℃ トラック:15.4℃
■公式練習結果:8位 2'01.508(アレックス)
今シーズン最多となる55台が出走。23号車は10LAPほど走行。

5月13日(土) 15:55 天候:曇り 路面:ドライ 気温:17.9℃ トラック:18.6℃
■公式プレ予選結果:9位 2’00.692(アレックス)
終始セットアップが行われ21LAPを消化。千代も順調に走行し手ごたえを感じる。
コースコンディションはウェットからドライへ回復しつつあるが依然、難しい状況に変わりはない。
1秒間に24台が入り、翌日の予選は更に熾烈化する事が予想された。


5月14日(日)9:50 天候:晴れ 路面:ドライ 気温:14.6℃ トラック:15.3℃
■ 公式予選結果:22位 2’00.225(アレックス)

Q1 1位 2'00.720 ルーカス・オルドネス LAP4
Q2 3位 2'00.360 千代勝正 LAP3
Q3 22位 2'00.225 アレックス・バンコム LAP3

青空のもと日曜の午前中に公式予選が行われた。Q1はルーカスが担当し2'00.720でトップタイムを記録。Q2からは各チーム共に強豪ドライバーが名を連ねはじめ千代が担当。
セクター3はベストではなかったが2'00.360をマークして3番手タイムを刻む。
マシンを降りると思わず笑みがこぼれた。ルーカス同様、ピットでは関係者から労いの言葉が飛び交った。


Q3はアレックスが担当しセッション残り5分で内圧を再調整した2セット目のニュータイヤに交換、すぐさま最終アタックを開始。セクターベストを更新しながらセクター2を通過。ピット内も全員が固唾を呑んでアタックを見守る。しかし、セクター3のウエリントンストレート通過中、他車のアクシデントによりまさかの赤旗。アレックスはステアリングを叩いて悲痛な叫びを上げた。アタックラップ完了まであとコーナー2つであった。この結果、赤旗提示前の計測ラップタイムが有効とされ23号車は予選22番手となり開幕戦モンツァ同様、厳しいグリッドポジションからのスタートとなった。

5月14日(日) 14:55 天候:晴れ 路面:ドライ 気温:16.3℃ トラック:17.3℃
■決勝結果:16位完走(83LAPS) ※完走45台、24位までが同一LAPチェッカー

決勝はGT3マシン55台がグリッドに整列。スタートドライバーはルーカスが担当。雲が流れ日向と日陰が繰り返す中、フォーメションラップが開始された。14:57にスタートが切られ全車一斉に1コーナーへ流れ込む。今回はアクシデントも無くクリーンなスタートとなった。


2周目で早くも23号車は総合17位にジャンプアップ。スタートから約50分が経過し、ドライバーチェンジのタイミングを伺っていた21周目、高速で進入するマゴッツコーナーで他車によるアクシデントが発生し、フルコースイエローに。この機にピットインを敢行し、千代にドライバーチェンジ。素早いピットワークにて30位でコースへ復帰。他車のピットインも完了して順位が落ち着くと16位を走行していた。




千代は混戦のバトルの中でポジションアップに苦戦するが、他車が最後のピットストップに入り出したタイミングでペースアップしピットイン、アレックスを10位でコースに送り出すことに成功するが、ここで23号車にドライブスルーペナルティが科せられた。ドライバーの最大運転時間を約10秒オーバーしていた事が原因のペナルティであった。ペナルティ消化後、順位は18位までドロップしてしまったが、アレックスは猛プッシュを続け16位まで挽回したところでチェッカーを受けた。
今回のレースはトップ10内の速さを持ちながら予選Q3の赤旗とレース中のペナルティに泣かされたレースとなった。全てが上手く噛み合えば常に上位を狙える事は間違いなさそうだ。

次戦ブランパン耐久シリーズは2017/6/23-6/24にフランス・ポールリカールサーキットで開催。


【千代勝正コメント】
今回はフリー走行から常にトップ10に入るスピードが有り、マシンも十分にコンペティティブな
状態でした。予選Q2アタックにおいても3番手タイムを刻むことが出来、順調な流れでした。
しかし、Q3のアレックスの最後のアタック中にまさかの赤旗が出てタイム計測出来ず残念な
結果となりました。もし、計測出来ていれば6位前後に入り、流れが大きく変わっていたと思うので、
本当にチーム全員が悔やみました。

レースでは一旦失った流れを取り戻すために、全員が常にプッシュして、接戦のバトルの中で
最後の1時間でやっとトップ10に上がった矢先にドライバーの最大走行時間超過のペナルティを受け、
惜しくも16位という結果に終わりました。

結果としては満足いくものではありませんが、ハードワークで戦ってくれたメカニック、そしてチーム・チームメイトには感謝しています。
次のポールリカールは相性の良いサーキットなので、このチームでまた表彰台に登りたい。
今回も沢山の応援ありがとうございました!


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2016年シーズンは、バサースト12時間、#46 S Road Craftsports GT-RからSUPER GT GT500クラス、#23 B-MAX Racing Team with NDDPから全日本F3に参戦します。 応援宜しくお願い致します!

6

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30