SGT オートポリス レポート

SGT オートポリス レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round3
「SUPER GT IN KYUSHU 300km」公式予選レポート

スーパーGT2017第3戦予選は46号車がフロントローを獲得!

5月20日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:6位 1’35.251(千代)
■公式予選Q2結果:2位 1’34.331(本山)

第2戦から約2週間という短いインターバルを経て、スーパーGT2017シリーズ第3戦を九州、オートポリスで迎えた。
昨年は震災の影響で中止となり、2年振りに九州のGTファン、モータースポーツファンの元へスーパーGTが帰ってきた。

開幕から2戦連続ノーポイントの46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」は、GT-R勢が得意とする、ここオートポリスで挽回を狙う。今季まだ一度もQ2進出を果たしていない46号車だが、午前中の公式練習で千代勝正が6位タイムを記録。まずまずの出だしを見せていた。


五月晴れとなったオートポリスは午後になり、夏さながらの暑さとなった。そのピークとなる午後2時より予選Q1が開始。状況から予想される通り各マシンは開始早々に動くことはなく、後半の短い周回数で雌雄は決せられることになった。ようやく1台が動き出したのが開始から6分後。千代がアタッカーをつとめる46号車は8分過ぎにコースインし、集団の後方でアタックに入る。1周のウォーミングラップの後、アタックに入る。チャンスは2周。千代は想定より路面温度が上がり過ぎたことで乗りにくくなってしまったマシンをなんとかねじ伏せると、ファーストアタックで1’35.270をマークし、この時点で2位に浮上。続けてセカンドアタックに入る。しかし、ここで1台がクラッシュしイエロー区間が出来たことで、アタックは断念。イエローの影響がなかった3台がこの後、46号車を上回ることになったが、Q1を5位で通過し、今季初のQ2進出を果たした。



その後GT300クラスのQ2を経て、午後2時45分よりGT500クラスのQ2が開始された。Q1での千代のフィードバックによりセットアップをアジャストした46号車は、それが奏功することになり戦闘力がアップ。さらに本山哲が渾身のアタックを見せ、2位に躍進することとなった。明日のレースでは今季初ポイント獲得はおろか、初優勝も視野に入ってきた。


■千代勝正コメント
「想定より路面温度が上がってしまったQ1では、タイヤと路面が合わずにかなり乗りにくい状態でアタックすることになりました。コースインしたときのポジションも悪く、アタックも厳しい状況の中でなんとかあのタイムを絞り出したという感じでした。Q2ではそのフィードバックからアジャストも上手くいき、本山さんのアタックで最終的にフロントローを獲得できたことは良かったと思います。明日のレース、優勝を目指して頑張ります」



表彰台まであと1歩!スーパーGT第3戦決勝、46号車は4位でフィニッシュ!

5月21日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:4位(65周)2h00’23.938(本山→千代)

この日も前日同様五月晴れとなったオートポリスには、2年ぶりの開催ということで多くのファンが来場。
午後2時にスタートした第3戦決勝はそんなファンの期待通り、白熱のバトルが随所で展開されることになった。


パレードラン、フォーメーションラップの後レースはクリーンなスタートが切られ、オープニングラップでのGT500クラスの順位変動はなし。本山哲がスタートドライバーを務める46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」も2位をキープした。その後、序盤トップにはやや離されていく展開となるが5周目にセーフティカーが入ったことで一旦そのギャップが無くなる。一方で後続も近づくことになり、ここから2位争いは混戦に。21周目、GT300クラスに引っかかってしまった46号車は4位へと順位を下げてしまった。


しかし、決勝でも前日同様のポテンシャルを維持していた46号車には挽回のチャンスは充分あると思われた。37周目にピットインし、千代が乗り込んだ46号車は4位でコース復帰後、瞬く間に3位の車両に近づくと41周目にはテール・トゥ・ノーズに持ち込む。ペースは完全に46号車の方が勝っており、3位浮上は目前だった。だが3位の巧みなブロックの前になかなか活路を見いだせず、再び後続が迫ってくることになる。



そして45周目にはまたも順位を2つ落としてしまうことになった46号車だが、51周目には5位、55周目には4位へと復帰。速いペースを維持していた46号車はやはり、表彰台を狙える位置まで戻ってきた。そして55周目、ついに千代はターン2でサイド・バイ・サイドに持ち込むことに成功するも、黄旗区間に入っていたことで元のポジションに戻らざるを得なくなる。その後も3位を巡る一瞬たりとも気の抜けない一進一退の攻防はファイナルラップまで繰り広げられることになったが惜しくも届かず、46号車は4位のままで65周のレースを終えることになった。



■千代勝正コメント
「終始気が抜けないレースで、本当に毎周毎周限界ギリギリのプッシュをしたのに結局3位を捕らえられなかったのはとても悔しいですけど、今週末は予選もシーズンベストだったし決勝でも上位で戦うことが出来ました。開幕前後の状態から考えたら、ここまで戦えるようになったのは大きな進歩だと思います。ニッサン、ミシュラン、チーム、みんなが本当に頑張ってくれた結果だと思います。ドライバーもそれに応えられるよう、もっと高めていって次戦以降も上位で戦えるよう頑張りたいと思います」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2016年シーズンは、バサースト12時間、#46 S Road Craftsports GT-RからSUPER GT GT500クラス、#23 B-MAX Racing Team with NDDPから全日本F3に参戦します。 応援宜しくお願い致します!

10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31