SGT FUJI (Rd.5) レポート

SGT FUJI (Rd.5) レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 300km RACE」公式予選レポート

スーパーGT第5戦予選、46号車は8番手グリッドから決勝に臨む

8月5日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:8位 1’30.568(千代)
■公式予選Q2結果:8位 1’30.777(本山)

スポーツランドSUGOで行われた第4戦から2週間という短いインターバルを経て、真夏の3連戦の第2弾となる「AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 300KM RACE」が富士スピードウェイで開催された。同じ富士で行われた第2戦では開幕戦の不振の流れからノーポイントに終わった46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」だが、今回の富士は第3戦で4位、第4戦では2位と上り調子で第5戦を迎えた。


朝の時点ではこの時期としてはやや涼しい気候だったが、その後は晴天となり、気温は上昇。
そんな中、午後2時55分よりGT500クラスの予選Q1がスタート。46号車は千代勝正が出走した。

15分間の予選セッションでコース上に動きが見られたのは開始から5分を過ぎてからだった。まず2台がコースに入る。その2分後から各車続々とコースインしていく。千代は残り7分58秒でコースイン。2周のウォームアップを経てアタック開始。うまく纏めた千代は1’29.520と午前中のベストタイムを一気に約1秒縮めることに成功。46号車はQ1を2位で突破し、Q2へと駒を進めた。


午後3時40分よりGT500クラスのQ2がスタートした。Q2を担当する本山哲は2周のウォームアップを行いつつ前後の間合いをとると3周目にアタックを開始。Q2に向けてインターバル間にセッティング変更を加えてのアタックとなったが、タイム1’30.777に留まり、46号車は決勝レースを8番手からスタートすることになった。


■千代勝正コメント
「午前中の公式練習から大幅にセットを変えてQ1に挑んだのですが、オーバーステアが強く、なんとかコントロールして1周はタイムを出すことが出来ましたが、クルマはまだ理想的な動きをしていないので、明日の決勝に向けては、更に良くなるようにマシンを調整してもらい、ひとつでも多くのポイントを獲れるよう、最後までプッシュし続けて追い上げたいと思います」

2017 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 300km RACE」決勝レポート

スーパーGT第5戦決勝、46号車は11位フィニッシュ

8月6日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:11位(66周)1h45’38.883(千代→本山)

富士スピードウェイはこの日、朝から晴天に恵まれた。午後3時25分の時点で気温は29℃、路面温度は36℃と、前日の予選時を上回るコンディションのもと第5戦決勝がスタート。8番手のポジションからスタートする46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」は千代勝正が第1スティントを担当した。


前日二人のドライバーを悩ませたクルマのバランスは、この日も大きな改善は見られなかった。そんな中、千代はスタートで8位をキープすると7位と1秒差内でその後もなんとか周りと同ペースで走行を続ける。そして8周目にGT300クラスに追いつくと膠着状況に変化が訪れることになるが、トラフィックに引っ掛かった際のロスはいつもより大きく、10周目に1台、11周目には2台にかわされることになり、46号車はポイント圏外の11位へと後退することになってしまった。


23周目、1台がピットインしたことをきっかけに各車のルーティンピットインが始まった。中盤に入っても千代の我慢の走りは続いていたが、他車のピットインにより前がクリアな状況となったことで46号車はGT500クラスの中では最後となる33周目までピットインを引っ張り、前とのギャップを埋めることに成功する。千代は第2スティントを担当する本山哲にステアリングを託し、本山は9位でコースに復帰した。


9位でコースに復帰した46号車だが、すぐ後ろに2台が迫っており、タイヤの温まりの差からアウトラップ周回に再び11位へと後退。本山も我慢の走りを強いられることになる。そして最後まで状況は好転することなく、46号車は66周のレースを11位でフィニッシュ。連続入賞は2戦で途切れることになった。


■千代勝正コメント
「レースの状況はかなり厳しく、週末を通して不調を奪回することが出来ませんでした。今回の結果を重く受け止め、その原因をしっかりと分析して、チームと共に協力して、勝てる46号車を作っていかなければならないと思います。次の鈴鹿はテストでも調子が良かったので、そのデータをもとにレースウィークをうまく組み立てて挑みたいと思います。まだまだシーズンを諦めてはいません。たくさんの応援ありがとうございました!」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2016年シーズンは、バサースト12時間、#46 S Road Craftsports GT-RからSUPER GT GT500クラス、#23 B-MAX Racing Team with NDDPから全日本F3に参戦します。 応援宜しくお願い致します!

11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30