SGT SUZUKA (Rd.6) レポート

SGT SUZUKA (Rd.6) レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round 6
「INTERNATIONAL SUZUKA 1000km」
公式予選レポート

スーパーGT第6戦、46号車は予選5位

8月26日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:3位 1’48.678(千代)
■公式予選Q2結果:5位 1’47.977(本山)

SUPER GT 2017シーズンは、真夏の3連戦のラストを飾る鈴鹿1000kmを迎えた。獲得ポイントが他のレースより多い為、チャンピオンシップにおける重要度がより高くなるこの一戦、昨年大会では3位表彰台を獲得している46号車「S Road CRAFTSPORTS GT-R」は今回も活躍が期待される。午前中の公式練習では序盤から順調にセットアップを進め、占有時間帯の予選シミュレーションでは千代勝正が3位のタイムを記録。上々の滑り出しとなった。


予選日は最高気温30.5℃の猛暑日となった。
午後2時55分、GT500クラスのQ1が開始。
ドライバーは千代が担当した。

46号車の千代はアウトラップを終えて計測1周目を1’53.572とライバルたちに比べ速めのタイムで通過し、タイヤグリップの作動温度がピークと感じた計測2周目にフルアタックを敢行。セクター1、2、3と立て続けにベストをマーク。最後のシケインでややミスを喫するも、トータル1’47.588で見事トップへと浮上する。この後2台がわずかコンマ01秒上回り、46号車は最終的に3位でQ2進出を果たした。

午後3時40分、GT500クラスのQ2がスタートした。
46号車のアタッカーは本山哲。Q1同様、本山も計測2周目にアタックに入り、1’47.977でタイムシートのトップへと躍り出る。その後、4台が46号車のタイムを上回り、Q2は5位。決勝レースは5番グリッドから1000km先のチェッカーを目指して挑む事となった。


■千代勝正コメント
「前回、好調だった鈴鹿テストの時のセッティングをベースとして走り始めた結果、悪くない状況でスタートすることができました。予選Q1では予定通り計測2周目にタイヤのグリップがピークの状態でアタックに行けたのですが、シケインのブレーキングでミスしてしまい、悔いが残るアタックになってしまいました。それ以外はほぼパーフェクトだったと思います。明日は長いレースになりますが、一番ハード側のタイヤでここまでのタイムが出せているので、気温が上がっても心配はなく、決勝に向けてかなり好感触を持っています。去年は怪我で走れずの表彰台だったので、今回は最後の1000kmということもあり、ぜひ走って勝ちたいと思います」


2017 AUTOBACS SUPER GT Round6
「INTERNATIONAL SUZUKA 1000km」決勝レポート

スーパーGT第6戦決勝、46号車は14位に終わる

8月27日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:14位(155周)5h52’01.344(千代→本山→千代→本山→千代→本山)

真夏の三連戦のラストを演出するかのように決勝日も鈴鹿サーキットは猛暑日となった。2年連続表彰台、そして今季初勝利を目指し5番グリッドよりスタートする46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」はレース前のウォームアップランでも4位のラップタイムを記録。好調を維持し、スタートグリッドについた。


長丁場のレースらしく、スタートは静かに切られた。いつものようなオープニングラップでの激しい順位争いは見られず、46号車のスタートドライバーをつとめる千代勝正も5位をしっかりとキープ。4位と約1秒差を保ちチャンスを待った。しかし5周目あたりからトップのペースが落ち、次第に上位6台は接近。さらにGT300クラスが絡み始めると、そこからスプリントレースさながらのバトルへと様相は変化した。


ペースが安定していた46号車は13周目、シケインで1台をオーバーテイクし4位に浮上。そこから2位、3位、4位の3台は超接近戦へと突入し、GT300クラスのマシンが絡む度にバトルが仕掛けられる。15周目のデグナーでは完全に3台が連なる状況となり、46号車にとっては一気に2位へと浮上するチャンスが訪れた。ヘアピン進入で3位のマシンのインをつき、並走してヘアピンを立ち上がり、200R手前でアウト側からオーバーテイクを試みる。ところが同じタイミングで3位のマシンも2位を抜こうと200R手前でアウト側にマシンを寄せる。この結果、最もアウト側にいた46号車はコース外に押し出される形になり、46号車はバリアに接触してリアウィングを破損。紙一重の攻防は思わぬダメージを46号車にもたらすことになった。


ピットに戻った46号車はチームの懸命な修復作業により、修復を完了して本山哲にドライバーを代えてコースイン。46号車はトップから17周遅れとなっていた。上位進出の可能性はほぼ無くなったが、残り周回はまだ約150周ある。諦めるわけにはいかなかった。レースはその後、中盤から後半にかけ波乱頻発となり順位は目まぐるしく変化した。そんな中、千代、本山ともにアクシデント後はチェッカーまでハイペースを維持し続け、最下位からひとつ順位を戻し14位でフィニッシュした。


■千代勝正コメント
「あのアクシデントは、後で考えれば、まだ序盤でしたし、あの場面はもう少し様子を見ても良かった。自分の一瞬の判断ミスで大きなチャンスを失ってしまい、チームの皆様、応援して下さる全ての皆様に対し申し訳ない気持ちでいっぱいです。コースに戻ってからは前に追いつけるという状況ではなかったものの、データ収集など今後のために集中して走り続け、トップと遜色ないペースで走れました。今回は富士での不調からうまく改善ができ、チームとして週末を通して強さを見せられたと思います。しかし失ったものが大きすぎてなかなか気持ちの切り替えは難しいですが、次のタイも大きなチャンスだと思いますので、今回のレースの落胆を倍返しできる様にクレバーなレースをして頑張りたいと思います。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2016年シーズンは、バサースト12時間、#46 S Road Craftsports GT-RからSUPER GT GT500クラス、#23 B-MAX Racing Team with NDDPから全日本F3に参戦します。 応援宜しくお願い致します!

9

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30