SGT MOTEGI (Rd.8) レポート

SGT MOTEGI (Rd.8) レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8
「MOTEGI GT GRAND FINAL 」公式予選レポート

スーパーGT最終戦、46号車は予選4位

11月11日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:13位 1’38.418(千代)
■公式予選Q1結果:1位1'37.224(千代)
■公式予選Q2結果:4位 1’37.530(本山)

SUPER GT2017シーズンは、ツインリンクもでぎで最終戦を迎えた。今季前半は他メーカーの後塵を拝する事となった日産陣営だが、その後、徐々に戦闘力を上げ46号車「S Road CRAFTSPORTS GT-R」は第3戦で予選2位、第4戦で決勝2位を獲得した。しかし、以降はトップを争える速さを見せながらも結果に恵まれず、最終戦を前にチャンピオンの権利を失うことになった。この最終戦では、ポテンシャル通りの結果を出すことがチームの目標となる。


予選日のもてぎは爽やかな秋晴れとなり、気温17℃、路面温度22℃と、この時期らしからぬコンディションで午後2時20分からの予選はスタート。午前中の公式練習ではセットアップに苦戦しベストタイムはクラス13番手とやや出遅れた46号車だったが、本番ではきっちりと修正し本来の速さを発揮することになった。


Q1に出走したのは千代勝正。15分間のセッションの中、各マシンは残り9分となってから動き出した。46号車は残り8分でコースインすると2周をウォームアップに使い、最後の1ラップでアタックを敢行。他のマシンも同様の戦略を採り、チェッカー前後で順位は目まぐるしく変化することになる。そんな中、1’37.224をマークしトップに躍り出たのが46号車の千代だった。


公式練習後にセットアップを大幅に変更し、ぶっつけ本番のアタックとなるも、千代の攻めの姿勢が奏功することになった。その後数台が接近するタイムをマークしたが46号車には届かず。46号車は堂々トップでQ2へと駒を進めた。


GT500クラスのQ2は午後3時05分にスタートした。12分間のQ2では、残り8分となったところで各マシン、コースイン開始。本山哲を乗せた46号車は5番目のポジションでコースインすると2周のウォームアップラップを経てQ1の千代と同様、最後の1ラップでアタックをかける。そして同じくマシンの調子が上向いたことを感じた本山は「やや攻めきれなかった」ながらも1’37.530の好タイムをマークし、4位で予選を終了。セカンドローからスタートする明日のレースで、今季2度目となる表彰台獲得の期待を膨らませることになった。


■千代勝正コメント
「朝の公式練習ではクルマのバランスが悪く、修正するのに時間を割くことになったのですが、最後の予選シミュレーションの時点でもあまり改善は進まずタイヤのグリップも低い状況でした。そして、さらに大幅にセットアップを見直すことになったので正直、予選は厳しいと感じていました。ぶっつけ本番の中でQ1突破ギリギリだと思い必死に攻めた結果、トップタイムだったのは驚きでした。改善が進んでいた上、路面コンディションとタイヤとのマッチングが良かったという相乗効果もあったと思います。クルマは良い方向に向かっているので、さらに微調整して明日のレースではとにかくベストを尽くしたい。今季最後のレースなので良いレースをして優勝を狙いたいと思います」

2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8
「MOTEGI GT GRAND FINAL」決勝レポート

スーパーGT2017最終戦決勝、46号車は6位でフィニッシュ

11月12日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:6位(53周)1h32’05.438(千代→本山)

2017シリーズファイナルを迎えたもてぎは前日同様の秋晴れに恵まれ、大勢のファンの声援を受けながら絶好のコンディションの下で第8戦決勝は行われた。最終戦のセレモニーを終えた午後1時30分、パレードラップ、フォーメーションラップを経て今季最後の戦いの火ぶたが切られた。


4番グリッドから今季2度目の表彰台を狙う46号車「S Road CRAFTSPORTS GT-R」の第1スティントを担うのは千代勝正。スタートで4位をキープした千代は昨日の予選で見せたパフォーマンス同様のハイペースで序盤から3位にプレッシャーをかけ続けるが、オーバーテイクへの突破口をなかなか見つけられず、逆にバトルの間に追いついてきた後続に5周目にオーバーテイクを許してしまう。しかし、その翌周に4位を取り戻すと、さらにその翌周には前の1台がトラブルでピットインしたことで3位に浮上。早くも表彰台圏内に入れるという、理想的な展開をつくった。その後も安定したペースで走り続けた千代は、後続からの猛攻を受けるもしっかりと抑えた上にギャップを築き、26周目にピットイン。第2スティントを担当する本山哲に表彰台獲得は託された。



上位勢の中で最も遅いピットインとなったが、この間に他車3台にアンダーカットを許し、46号車は6番手まで順位を落とし第2スティントをスタートさせることになる。


本山に代わってもハイペースは変わらず、表彰台圏内へ再び浮上するチャンスは充分あると思われた。常に周回遅れをかわしながらレース後半を安定したペースで走り続けることは決して簡単ではないが、そこはベテランの本山。5秒以上の差があった前2台に徐々に近づいていくと残り5周で完全にロックオン、48周目には5位の背後につけることに成功する。だがハイペースで走り続けたことでここからバトルに持ち込むほどのタイヤパフォーマンスは残されておらず、46号車は5位にコンマ3秒差ながら6位のまま53周をフィニッシュ。期待された今季2度目の表彰台は叶わなかったが、サーキットを訪れた大勢のファンに46号車とドライバーの速さを大いに印象づけシーズンを終えた。


■千代勝正コメント
「スタートからペースは良く序盤は見せ場があったものの、執拗なブロックに遭い攻略に時間がかかったことでトップ2台にギャップを築かれてしまったのは残念でした。開幕戦から前半はスピードに苦しみ、その後も不運があり、自分自身の反省点も多かった今シーズンでしたが、この最終戦ではクルマのパフォーマンスが上がったことを証明することが出来たと思います。ミシュランやニッサン、ニスモがノーハンデでもここまで戦えるという状況を作ってくれたことに感謝しています。表彰台には届きませんでしたが、来季に向けて非常にポジティブな内容の最終戦だったと思います。今シーズンも沢山の応援、有難うございました!」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2016年シーズンは、バサースト12時間、#46 S Road Craftsports GT-RからSUPER GT GT500クラス、#23 B-MAX Racing Team with NDDPから全日本F3に参戦します。 応援宜しくお願い致します!

11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30