2018 SUPER GT Rd.6 SUGO

2018 SUPER GT Rd.6 SUGO

Japansese / English

2018 AUTOBACS SUPER GT Round6
「SUGO GT 300km RACE 」予選レポート

SUPER GT 2018 第6戦、3号車は予選13位

9月15日(土) 天候:雨のち曇り 路面:ウェット/ドライ
■公式練習結果:15位 1’14.195(本山)
■公式予選結果:13位 1’12.816(千代)

SUPER GT 2018シーズンはいよいよ残り3戦、スポーツランドSUGOで第6戦を迎えた。チームは異なるが3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」の本山哲、千代勝正のコンビは昨年、このSUGOでシーズン最高位の2位を獲得。またハンデもまだ軽いことから、今回注目の1台に数えられていた。だが午前中に行われた公式練習のまだ走り出しの段階でミッショントラブルに見舞われ、ミッションを交換。その作業に残り時間をすべて費やすことになるという、よもやの事態から週末をスタートさせることになった。


午後になり、予定より22分遅れの14時52分よりGT500クラスの予選Q1が開始された。公式練習中に降り始めた雨はすでに止み、GT500クラスが走行する頃には路面はほぼドライに回復。各マシンはスリックタイヤでコースインし、通常より短い10分間のセッションに挑んだ。3号車は千代がQ1を担当。午前中のトラブルにより全くのぶっつけ本番となった3号車は残り時間8分を切ったあたりでコースインすると、入念にタイヤを温めアタックラップに入った。


ところが、ここでクラッシュを喫したマシンが発生し、Q1は赤旗中断となる。この時点で3号車はかろうじてQ2進出圏内に留まっていたが、タイムはまだ1分15秒台。赤旗解除後、残り時間が短かったとしても逆転される可能性は高く、自身もベストタイムを大きく更新する必要があった。そしてクラッシュしたマシンの回収が終わり、残り2分45秒でQ1が再開されると各マシンにはワンチャンスが残されることになり、結局この1周で雌雄は決せられた。3号車の千代はここで1分12秒816のベストタイムをマークしたがQ2進出ラインには届かず、13位で予選を終えることになった。


■千代勝正コメント
「午前中トラブルに見舞われたことで予選はまったくのぶっつけ本番となったのですが、その予選もアタックラップに入ったタイミングで赤旗が出てしまい、赤旗後のアタックもタイヤが路面に合わず、非常に厳しい状況でのアタックとなりました。決勝もこのままでは厳しいと思いますが、雨になる可能性もありますし、チャンスはまだあるはずなので81周、全力を尽くしたいと思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round6
「SUGO GT 300km RACE 」決勝レポート

スーパーGT2018第6戦、3号車は8位フィニッシュで3戦ぶりにポイント獲得

9月16日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:8位(81周)1h52’15.537(本山→千代)

事前の予想では雨の可能性もあったこの日のSUGOだが、朝からの好天は午後も変化なく今季第6戦のレースはドライコンディションで行われた。セッション中盤までドライだった前日の公式練習をトラブルのためにほぼ走れなかった3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」にとっては、予選に続くぶっつけ本番。ウォームアップ走行では4位のタイムを記録したものの、まだ完全には煮詰めきれていない点も有り、不安を残したままレースに挑むことになった。


路面温度が37℃となった中、午後2時にレースがスタート。各マシン、クリーンなスタートから序盤は静かな展開となるが、GT300クラスに追いついてからは徐々に各ポジションでバトルが起こり、順位は変動していった。3号車のスタートドライバーをつとめる本山 哲も序盤はタイヤセーブに徹し、13番手をしばらくキープ。その間、前後のマシンは離れることなく10周を過ぎても8位から15位まではかなり接近していた。ここから本山は攻めに転じ、徐々にポジションを上げていった。


16周目に12位、23周目には11位へと浮上。さらにポイント圏内の10位から1秒差以内につけチャンスを窺っていた3号車は38周目にピットインし、ここで13位に一旦後退することになるが、千代 勝正が担当する第2スティントでもタイヤは安定したパフォーマンスを発揮。さらに今回投入したNEWエンジンによるパワーの恩恵もあって、オーバーテイクが難しいといわれるSUGOをものともせず、再び順位を浮上させていく。


50周目に11位に浮上すると51周目には10位にポジションアップ。ついにポイント圏内へ。さらに55周目には9位、59周目には8位と、3号車は全てのオーバーテイクをコース上で決めて順位を上げていった。レースは69周目にセーフティカーが入った後、75周目にリスタート。残りは6周。3号車は危なげない走りで8位をチェッカーまで守り、3戦ぶりのポイントを手にした。


■千代勝正コメント
「予選の順位が悪かったことで8位という結果でしたが、久しぶりに手応えのあるレースができました。またNEWエンジンのおかげでオーバーテイクのチャンスを多く作ることができたのも大きかったです。次戦からは予選でもっと上位につけてチーム全体が今日と同じような戦いができれば、表彰台も見えてくると思います。オートポリスでは表彰台に上がれるよう頑張ります。今回も熱いご声援、有難うございました。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2018年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31