PROFILE

Japansese / English

Katsumasa CHIYO

千代勝正

NATIONALITY JAPAN
HOME TOWN SETAGAYA, TOKYO
DATE OF BIRTH 09/DEC/1986

ABOUT CHIYO

2002年、15歳でカートレースデビュー。2006年にNDDP(Nissan Drivers Development Program)のオーディションに参加。日産のスカラシップを獲得。 翌年、FCJ(Formula Challenge Japan)に参戦。

2008年にはシリーズランキング3位となった。2009年から全日本F3選手権Nクラスに出場。参戦初年度はシリーズ6位と出遅れるが、2010年には3位、 そして2011年にはシリーズチャンピオンに輝く。その実力が評価され、2012年より国内自動車レースのメジャーカテゴリーである、Super GT GT300クラスへNDDPドライバーとして参戦を果たした。ルーキーながらシリーズ4位を獲得し、2013年も引き続き Super GTへ参戦。

2014年からは戦いの場を欧州に移し、2015年には、オーストラリアのバサースト12時間で日本人初優勝を果たすと、ヨーロッパで最も激戦のGTレースと言われるブランパン耐久シリーズにて日本人初シリーズチャンピオンに輝き、日本のSuper GT GT300クラスでもチームチャンピオンに輝いている。2016年はバサースト12時間に再び参戦し僅差の2位となっているが、国内GTカーレースの最高峰、SuperGT GT500クラスへとステップアップを果たし、同時に全日本F3選手権に参戦し、今注目の若手ドライバーのひとりとなっている。

CAREER