REPORT

Japansese / English

2021 SUPER GT Round 2 FUJI GT500KM RACE

2021 AUTOBACS SUPER GT Round 2
「たかのこのホテルFUJI GT 500km RACE」予選レポート

SUPER GT 2021 第2戦、3号車GT-Rは予選12位

5月3日(月) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:10位 1'28.410(千代)
■公式予選結果:12位 1'27.753(千代)

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に昨年は開催されなかったFUJI GT 500kmレース。今年は入場者数の制限付きとなったが、ゴールデンウィークに無事に開催となった。開幕戦で9位に入賞し、2ポイントを獲得した3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は更に上位入賞を目指して第2戦に挑む。


予選日の富士は朝から好天で絶好のコンディションに。午前9時05分より、先ずは公式練習が行われた。クルマのセットアップ、タイヤ評価、そして予選シミュレーションと、全てのメニューを消化しなければならないこのセッションはその後の展開に大きく影響する。だが、ここで3号車GT-Rに電気系トラブルが発生してしまう。この結果、セットアップが思うように進められず、午後からの予選に不安を残してセッションを終えることとなった。


気温17℃、路面温度28℃というコンディションで午後3時03分に開始となったGT500クラスの予選Q1。3号車GT-Rは千代 勝正が出走した。セットアップに若干の不安を抱えたまま挑んだ予選Q1だったが、3周にわたるウォーミングアップランの後のアタックで3号車はセクター2で全体ベストをマークするなど、Q2突破圏内に割って入ると思われた。しかし、セクター3のダンロップコーナーでタイヤがロック。このタイムロスが響き、ベストタイムは1'27秒753に留まってしまう。
結果、コンマ3秒程Q2進出圏内には届かず、3号車GT-Rは開幕から2戦連続で予選Q1落ちを喫することとなった。


■千代 勝正コメント
「午前中のトラブルで思うようにクルマのセットアップを進めることができなかったのですが、予選に向けてはうまくアジャストができたので、ミスさえなければQ2には行けていたと思うと、非常に悔やまれる結果になりました。決勝は2度のピットイン義務があって戦略性も高くなっているので、その中で上手く順位を上げていければと思っています」


2021 AUTOBACS SUPER GT Round 2
「たかのこのホテルFUJI GT 500km RACE」決勝レポート

SUPER GT 2021 第2戦、3号車GT-Rは決勝5位で6ポイント獲得

5月4日(火) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:5位 3:03'41.948 110周(千代→平手→千代)

2日連続の好天に恵まれた富士スピードウェイ。決勝は午後2時30分、気温21℃、路面温度35℃と前日にも増して暖かなコンディションでスタートした。レース距離500kmの中で2度のドライバー交代を含むピットインが義務づけられるこのレースは戦略性が高く、下位グリッドからの大逆転劇の可能性を十分秘めたレースだった。



スタートから序盤にかけ、予想以上に順位変動は激しくなった。ここで大きく順位を上げてきた1台が3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」で、スタートドライバーをつとめる千代 勝正は好スタートを切り、まず2台をパスすると、さらにダンロップコーナーでの競り合いを制してオープニングラップを9位で通過。早くもポイント獲得圏内に進出し、予選でのミスをカバーする。3周目には前の1台がトラブルで脱落し、8位へポジションアップ。その後は追いついてきた9位の1号車とのバトルとなった。千代は冷静に1号車からのアタックを凌ぎきり、ポジションをキープしたまま、35周目にピットに滑り込む。


千代から交代した平手 晃平はこのままセカンドスティントで8位をキープし続けながら、7位の車両との距離を詰めていく。チームはここで次の一手を繰り出す。接近していた7位の車両の前に出るために2回目のピットインでは、アウトラップでプッシュが可能なスクラブ済みのタイヤに交換し、千代をコースに送り出す。


この戦略は奏功し、全車が2回目のピットインを終えた82周目に千代を乗せた3号車GT-Rは7位へ浮上。安定したペースで走り続けた3号車GT-Rは99周目に6位、100周目に5位と着実にポジションアップを果たしていく。レース終盤には6位の39号車が0.5秒以内まで接近してくるが、最後は2.2秒差に引き離して5位でチェッカー。セーフティカー1回、フルコースイエロー3回という荒れた500km、110周のレースを走り切り、貴重な6ポイントを追加した。


■千代 勝正コメント
「今回は第1、第3スティントを担当しましたが、速いペースでオーバーテイクを狙ってくる車両をどちらのスティントでもしっかりと抑えることができ、さらに最後はプッシュして差も拡げられたので、自分なりに良い仕事が出来たと思っています。クルマもタイヤも、それを可能にする安定感がありました。戦略も奏功し、チーム全体として良いレースができたと思います。次の鈴鹿では予選から上に行って、もっと上位で戦えるよう頑張ります」


2021 SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300KM RACE

2021 AUTOBACS SUPER GT Round 1
「たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」予選レポート

SUPER GT 2021開幕戦、3号車GT-Rは予選10位

4月10日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:8位 1'19.008(平手)
■公式予選結果:10位 1'18.699(千代)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年は7月の富士が開幕戦となったSUPER GTシリーズ。今年は4月に岡山国際サーキットが舞台という従来通りの開幕を迎えた。3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は千代 勝正、平手 晃平というドライバー体制を今季も継続。全車ノーハンデで戦う、今シーズンを占う緒戦に挑んだ。


この日の岡山国際サーキットは、朝から雲ひとつない青空が広がる絶好のコンディション。午前中は9時45分より公式練習が行われた。ここで3号車GT-Rは平手、千代の順に出走し、持ち込みセットアップの確認、タイヤ評価、ロングラン、ショートランと順調にメニューを消化して公式練習走行を8位で終えた。


今季最初のポールシッターを決める予選、GT500クラスのQ1は午後2時33分にスタートした。14台中の上位8台がQ2進出を果たせるQ1では、3号車GT-Rは千代がアタッカーをつとめた。

入念にタイヤを温め、前後の間合いをとって4周目にアタック。1分18秒699をマークする。しかし、ノーハンデの開幕戦らしい拮抗したタイムアタック合戦が繰り広げられた結果、0.034秒Q2進出圏内には届かず、10位で予選を終えることになった。トップから13台が1秒以内にひしめき合う接戦であった。


■千代 勝正コメント
「非常にシビアな戦いでした。セクター1、2はうまく纏まりましたが、セクター3で若干ロスがありました。セクター3が完璧だったら、Q2に進出できたと思うと非常に残念です。しかしながら、朝の練習走行でのロングランのフィーリングはネガティブな感じではなかったですし、決勝に向けて不安はありません。ここまで準備をしてきたことを結集させて自分達を信じて戦います。応援宜しくお願いします」


2021 AUTOBACS SUPER GT Round 1
「たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」決勝レポート

SUPER GT 2021 開幕戦、3号車GT-Rは決勝9位でポイント獲得

■4月11日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:9位 2:07'28.863(82周)(平手 → 千代)

開幕戦の舞台、岡山国際サーキットは決勝日も好天に恵まれ気温19℃、路面温度36℃という暖かなコンディションで午後1時30分、決勝のフォーメーションラップがスタートした。3号車CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rのスタートドライバーは平手 が務めた。


10番グリッドからスタートした3号車は序盤、混戦の中で何度もオーバーテイクを仕掛けるが、一歩届かず我慢のレースを強いられる。


レースが大きく動いたのは32周目。GT300クラスのマシン1台がコースアウトしてストップ。このアクシデントにより、セーフティカーが入ることを予測したチームはピットロードがクローズされる前に3号車をピットインさせる。他陣営も同じ戦略を取った為、ピットロードに各車が雪崩れ込む状況となったが、そんな中でもチームは冷静に、そして正確にピットワークをこなして平手から千代に交代した3号車を実質10位でコースインさせることに成功する。


後半スティントを10位から開始した3号車GT-Rは50周目に発生したアクシデントを回避して9位へ。さらに52周目には1台をオーバーテイクして8位に浮上する。65周目、1号車と1コーナーからアトウッドカーブまでサイドバイサイドの激しいバトルを展開。惜しくも9位へポジションを下げるが、追撃の手を緩めずに前を追う。レース終盤になっても3号車GT-Rのペースが落ちることはなかったが、順位は変わらず、スタートから1ポジションアップの9位、2ポイントを得て開幕戦をフィニッシュした。


■千代 勝正コメント
「先ずはコロナ禍の厳しい状況の中、開幕戦を開催する為にご尽力頂いた全ての関係者の皆様に感謝申し上げます。今日のレースは33周目にピットに入れることを決めてくれたチームの好判断と迅速なピットワークでコースに送り出してくれた事に感謝したいと思います。後半スティントは終始、接近戦が続くことになりましたが、NSX勢とのバトルもあって内容の濃いレースだったと思います。9位フィニッシュで開幕戦からポイントを獲得する事はできましたが、トータルではトップとの差が大きく、解決すべき課題も多く見つかりました。チームと共に課題解決に取り組み、自分自身はドライビングをもっと追求して、次戦は上位で戦えるようにしていきたいと思います。応援ありがとうございました。」


千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2020年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

5

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31