BLOG

Japansese / English

2018 SUPER GT Rd.6 SUGO

2018 AUTOBACS SUPER GT Round6
「SUGO GT 300km RACE 」予選レポート

SUPER GT 2018 第6戦、3号車は予選13位

9月15日(土) 天候:雨のち曇り 路面:ウェット/ドライ
■公式練習結果:15位 1’14.195(本山)
■公式予選結果:13位 1’12.816(千代)

SUPER GT 2018シーズンはいよいよ残り3戦、スポーツランドSUGOで第6戦を迎えた。チームは異なるが3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」の本山哲、千代勝正のコンビは昨年、このSUGOでシーズン最高位の2位を獲得。またハンデもまだ軽いことから、今回注目の1台に数えられていた。だが午前中に行われた公式練習のまだ走り出しの段階でミッショントラブルに見舞われ、ミッションを交換。その作業に残り時間をすべて費やすことになるという、よもやの事態から週末をスタートさせることになった。


午後になり、予定より22分遅れの14時52分よりGT500クラスの予選Q1が開始された。公式練習中に降り始めた雨はすでに止み、GT500クラスが走行する頃には路面はほぼドライに回復。各マシンはスリックタイヤでコースインし、通常より短い10分間のセッションに挑んだ。3号車は千代がQ1を担当。午前中のトラブルにより全くのぶっつけ本番となった3号車は残り時間8分を切ったあたりでコースインすると、入念にタイヤを温めアタックラップに入った。


ところが、ここでクラッシュを喫したマシンが発生し、Q1は赤旗中断となる。この時点で3号車はかろうじてQ2進出圏内に留まっていたが、タイムはまだ1分15秒台。赤旗解除後、残り時間が短かったとしても逆転される可能性は高く、自身もベストタイムを大きく更新する必要があった。そしてクラッシュしたマシンの回収が終わり、残り2分45秒でQ1が再開されると各マシンにはワンチャンスが残されることになり、結局この1周で雌雄は決せられた。3号車の千代はここで1分12秒816のベストタイムをマークしたがQ2進出ラインには届かず、13位で予選を終えることになった。


■千代勝正コメント
「午前中トラブルに見舞われたことで予選はまったくのぶっつけ本番となったのですが、その予選もアタックラップに入ったタイミングで赤旗が出てしまい、赤旗後のアタックもタイヤが路面に合わず、非常に厳しい状況でのアタックとなりました。決勝もこのままでは厳しいと思いますが、雨になる可能性もありますし、チャンスはまだあるはずなので81周、全力を尽くしたいと思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round6
「SUGO GT 300km RACE 」決勝レポート

スーパーGT2018第6戦、3号車は8位フィニッシュで3戦ぶりにポイント獲得

9月16日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:8位(81周)1h52’15.537(本山→千代)

事前の予想では雨の可能性もあったこの日のSUGOだが、朝からの好天は午後も変化なく今季第6戦のレースはドライコンディションで行われた。セッション中盤までドライだった前日の公式練習をトラブルのためにほぼ走れなかった3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」にとっては、予選に続くぶっつけ本番。ウォームアップ走行では4位のタイムを記録したものの、まだ完全には煮詰めきれていない点も有り、不安を残したままレースに挑むことになった。


路面温度が37℃となった中、午後2時にレースがスタート。各マシン、クリーンなスタートから序盤は静かな展開となるが、GT300クラスに追いついてからは徐々に各ポジションでバトルが起こり、順位は変動していった。3号車のスタートドライバーをつとめる本山 哲も序盤はタイヤセーブに徹し、13番手をしばらくキープ。その間、前後のマシンは離れることなく10周を過ぎても8位から15位まではかなり接近していた。ここから本山は攻めに転じ、徐々にポジションを上げていった。


16周目に12位、23周目には11位へと浮上。さらにポイント圏内の10位から1秒差以内につけチャンスを窺っていた3号車は38周目にピットインし、ここで13位に一旦後退することになるが、千代 勝正が担当する第2スティントでもタイヤは安定したパフォーマンスを発揮。さらに今回投入したNEWエンジンによるパワーの恩恵もあって、オーバーテイクが難しいといわれるSUGOをものともせず、再び順位を浮上させていく。


50周目に11位に浮上すると51周目には10位にポジションアップ。ついにポイント圏内へ。さらに55周目には9位、59周目には8位と、3号車は全てのオーバーテイクをコース上で決めて順位を上げていった。レースは69周目にセーフティカーが入った後、75周目にリスタート。残りは6周。3号車は危なげない走りで8位をチェッカーまで守り、3戦ぶりのポイントを手にした。


■千代勝正コメント
「予選の順位が悪かったことで8位という結果でしたが、久しぶりに手応えのあるレースができました。またNEWエンジンのおかげでオーバーテイクのチャンスを多く作ることができたのも大きかったです。次戦からは予選でもっと上位につけてチーム全体が今日と同じような戦いができれば、表彰台も見えてくると思います。オートポリスでは表彰台に上がれるよう頑張ります。今回も熱いご声援、有難うございました。」


2018 SUPER GT Rd.5 FUJI

2018 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 500MILE RACE 」予選レポート

スーパーGT2018第5戦、3号車は予選4位

8月4日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:2 位 1’29.513(千代)
■公式予選結果:4位 1’28.872(本山)

SUPER GT 2018シーズンは後半戦に入り、富士スピードウェイで第5戦を迎えた。夏休みの富士ラウンドはここ数年恒例となっているが、今回から距離が500マイル(807.651km)という、全く性格の異なるレースに変貌。真夏の耐久レースは昨年までの鈴鹿1000kmで各チーム経験積みだが、コースが違えばノウハウも異なってくるため未知のレースといえる。そんな中、富士に強いGT-R勢でウェイトハンデが比較的軽い3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は、優勝候補の一角に名を連ねる。その期待通り、午前中に行われた公式練習では千代勝正が2番手タイムをマーク。好調な滑り出しを見せた。


富士はこの日、例外なく猛暑となった。午後2時55分、公式予選Q1はドライコンディションでスタート。GT500クラスの各マシンはタイヤパフォーマンスのピークを15分間のセッションの終盤に合わせる為、序盤はピットで待機、開始から6分を過ぎたところで一斉にコースインし、タイヤのウォームアップに入る。3号車は千代がQ1を担当し、3周のウォームアップラップを経て4周目にアタック。ここで1’29.076をマークすると、トップに立った。だが、ライバルたちもこのあたりがターゲット周回で、この後29秒台前半が連発。Q2進出の8台の差はわずかコンマ4秒以内と、超接戦となる。そんな中、千代のタイムは最終的に2位に留まることになり、3号車は順当にQ2へと駒を進めた。


Q1の上位8台によって争われるQ2は午後3時38分より開始。Q2は10分間ということで、各マシンは2分を過ぎたあたりから動き出す。3号車の本山 哲は8台中3番目にポジショニングすると2周のウォームアップ後、3周目にアタックに入った。そしてQ1と同じくQ2でも速さを見せた3号車は上位が29秒台で競り合う中、一気に28秒台へと突入。1’28.872をマークしトップに躍り出る。だがこの後、同じく28秒台をマークしてくるマシンが数台現れ、上位争いはQ1と同じく接戦に。最終的に3号車は4位で、セカンドローから明日のレースに挑むことになった。


■千代勝正コメント
「Q1のアタックはきちんとタイヤのピークに合わせられたものの、セクター3でのバランスに少し手こずり、トップタイムを獲ることが出来ませんでした。明日は長いレースになりますが、2列目という良いポジションからスタートできるので、しっかりと上位で戦って優勝を狙っていきたいと思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 500MILE RACE 」決勝レポート

スーパーGT2018第5戦、3号車は15位フィニッシュ

8月5日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:15位(139周)3h45’45.752(千代→本山→千代→本山→千代)

富士は前日同様の猛暑となり、500マイル(807.651km)のレースは過酷なものになると予想された。エンジン、タイヤ、ブレーキ、ドライバーにかかる負担をどう克服するのか、また義務づけられた4度のピットインをどう活かすのか、チーム全体の力が試される一戦は午後1時30分にスタートした。


レースは長丁場らしい、静かな幕開けとなった。4番グリッドからスタートする3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」の第1スティントを担当する千代 勝正はスタート後の1コーナーで順位をひとつ落とすも、落ち着いて立て直し、翌周には挽回。さらに3位浮上に向けペースアップと、順調な出だしを見せる。7周目にはGT300のトラフィックによってコースアウトし7位まで後退するが、ここも直ぐに持ち直し、11周目には6位に復帰。この先の長さを考えればペース的にもまだ、充分に上位進出の可能性はあるものと思われた。


ところが、20周を消化したあたりからタイヤのグリップが急激に落ち、3号車のペースは一気にダウンしてしまう。それまでコンスタントに刻まれていた1分32-33秒台前半のペースはそこから35秒台、36秒台と、周回を追う毎に苦しさが増すことに。3号車は23周目に再び7位に後退すると25周目には11位、26周目には12位まで順位を下げてしまった。


このため、3号車は予定より早い29周目に1回目のピットインへ。そして代わった本山 哲はペースを再び32?33秒台へと戻すと、徐々に前のクルマに近づいていく。この時点で14位とスタートグリッドの4位からは大きく後退してしまったが、レースは残り130周以上。この暑さで後半サバイバル戦となればチャンスはまだ残っている。本山はタイヤマネージメントに気を払いながら走り、遠い先にあるチャンスを待つことにした。だがやはり、タイヤは20周を境にグリップダウン。ここからペースはまた、一気に36秒台へと落ちることに。こうして3号車は2回目のピットインも57周目と予定より早めざるを得なくなり、千代が再びステアリングを握った第3スティントも、第1、第2スティントと同様にタイヤは20周しか持たず、第4スティントでも状況が好転することは叶わなかった。


そしてレースは終盤にさしかかり、予想通りトラブルを発生させるマシンが現れはじめる。その口火を切ったのが3号車だった。ここまで防戦一方の3号車に追い打ちをかけるように139 周目、今度は駆動系のトラブルが起きてしまった。これ以上は戦えないと判断したチームはここでリタイヤを決意。第5スティントを走っていた千代はピットに戻り、マシンをガレージに納めた。なお139周は全周回数の7割を超えているため、15位完走扱いとなった。


■千代勝正コメント
「今回のレースでは、上がった路面温度に対し、タイヤの消耗が想像以上に大きく、予定していた周回数を熟す事が出来ず、非常に厳しいレース展開となりました。シリーズの中でも一つの大きなチャンスと思い臨んだ富士500マイルレースでしたが、期待通りには行きませんでした。その分、次戦のSUGOでは今回の課題をしっかりと改善し、今度こそ優勝を目指して頑張ります」


2018 SUPER FORMULA Rd.4 FUJI

2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦 富士 予選レポート
□日付:2018年7月7日(土)□天候:晴れ時々雨

雨に翻弄された予選は16位 3戦連続Q2進出はならず

朝から降ったりやんだりを繰り返したこの日の雨の状況は、予選でも各チームを翻弄することになった。午後になり、一旦止んだ雨は14時のQ1スタート前に再び降り始める。しかし、雨量は少なく路面はまだ乾いたままの状態であることから、スリックタイヤで の走行は可能だった。各マシンは雨が本降りとなる前にタイムを出しておこうと、予選セッション開始からすぐにスリックタイヤでコースイン。路面温度が低い中、雨が降り始める前にアタックラップを行う為にはタイヤを作動温度領域まで早くウォームアップさせる事がカギと思われた。そこで50号車の千代はライバルとは違う戦略を採った。それは、タイヤが温まりやすいユーズドタイヤを使うというもの。そして 計測1周目に1分26秒093をマークした千代はトップに躍り出る。ここで 雨脚が強まれば、このままポールも見えていた。しかしこの後2~3周スリック でのアタックが可能な状況は続き、ピークのパフォーマンスでニュータイヤ勢に上回られてしまう。結局、1分25秒227までタイムを伸ばすもファーストアタックは16位で終えることになり、セッション終盤のセカンドアタックに挽回は託された。
だが、インターバルの間に雨脚は強くなり、各マシンはセカンドアタックに向けてコースインしたもののタイム更新は出来ない状況となり、ピットに戻ることに。
千代の3戦連続Q2進出はならなかった。


千代 勝正コメント
「ファーストアタックはユーズドタイヤでいきました。その結果、タイヤの温まりが良かったことで1周目はニュータイヤ勢より速いタイムを出せましたが、2周目からはニュータイヤ勢に上回られてしまいました。セカンドアタックはニュータイヤで行って挽回したかったのですが、雨が強くなってしまい、アタックを断念せざるを得ない状況となりました。富士は今季で一番狙っていたレースだっただけに後方グリッドからのスタートは残念ですが、レースではプッシュして追い上げていきたいと思います」


2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦 富士 予選レポート
□日付:2018年7月8日(日)□天候:晴れ

午前中のフリー走行ではソフトタイヤを履いて2番手タイムをマークと、16番手スタートながら決勝での活躍を予感させた50号車。 この日の富士の天候は午前中に一時雨が降る場面もあったものの午後には落ち着き、爽やかな夏空の下で午後2時15分、決勝スタートを迎えた。千代はスタートで鮮やかなダッシュを見せ、オープニングラップで13位まで浮上。ミディアムスタートだったことから、この後ソフト勢に一旦は前に行かれることになったが、午前中に見せたソフトでのペースの速さから、後半は挽回 していくものと思われた。そして13周目と早い段階でピットイン。他のライバル勢がピットインを終えるまでにプッシュし、順位を上げていく作戦であった。



ピット作業を終えた50号車は19位でコースへ復帰。1分27秒前半のペースを維持して前に近づいていく展開を見せるも、コース復帰から10周程で急激にタイヤのパフォーマンスが落ち、一時は前走車に対し、約1秒差まで縮めていたギャップはそこから先は縮まらなくなった。こうして後半は我慢のレースとなってしまった50号車は、残り2周となったところで前の2台がバトルにより接触して戦列を離れたことで17位でレースをフィニッシュした。


千代 勝正コメント
「スタート直前にアジャストしたセットアップは、決して悪くはありませんでした。 スタートもこれまでで最も良いスタートを切れましたが、追い上げを狙った後半のスティントではタイヤの消耗によるペースダウンの幅がライバル勢より大きかった為に我慢のレースとなってしまいました。結果は17位完走となり、今回も目標としていたポイント獲得には届きませんでしたが、所々では速さを見せられているし、チームも一歩一歩、着実に進化しています。今後はドライビングやタイヤメージメントを含めた戦略面などの課題を克服していき、残り3戦で必ず良い結果を出したいです。今回もご声援有難うございました。」


2018 SUPER GT Rd.4(Thailand)

2018 AUTOBACS SUPER GT Round4
「Chang SUPER GT RACE 」予選レポート

スーパーGT 2018 第4戦、3号車は予選9位

6月30日(土) 天候:晴れ一時雨 路面:ウェット/ドライ
■公式練習結果:1位 1’23.349(千代)
■公式予選結果:9位 1’30.228(本山)

鈴鹿で行われた第3戦から約1カ月のインターバルを経て、スーパーGT 2018シーズンはタイのチャン・インターナショナル・サーキットで第4戦を迎えた。昨年まで秋口に行われていたタイラウンドが今年は6月に開催ということで、昨年より暑くなることが予想された今回、3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は、午前中に行われた公式練習でトップタイムをマーク。一躍ポールポジション候補、優勝候補に名乗りを上げることとなった。


ところが、ドライ路面では万全の仕上がりだった3号車にとって、予選は不利な状況となった。午後になりピットウォークが終わったあたりから、コース上には激しい雨が。予選が開始される午後3時の時点で雨は上がったものの、セッションを行うためには路面の排水作業が必要となり、15分ディレイで予選はスタート。セッション中の路面の乾き具合、そして50℃超えの予想だった路面温度が30℃台に下がったことへの対応等々、各チームは出走を前に頭を悩ませることになった。


GT300クラスが先にQ1を走ったことで路面の水はかなり少なくなったものの、まだスリックタイヤでの走行は難しい状況。全マシンが先ずはウェットタイヤでコースイン。3号車のQ1を担当する本山哲も浅ミゾのウェットタイヤでアタックを開始する。3周目にマークした1’32秒3は、この時点で3位となった。そして、序盤からスリックに切り替えたり、レインに戻したりと路面状況に翻弄されてきた各チームだったが、このあたりからスリック有利と判断するマシンが多くなり、続々とタイヤ交換を実施。結局、この判断のタイミングがQ1の明暗を分けることになった。

3号車はQ1終了まで残り時間8分でピットインし、スリックタイヤに交換。再びコースに戻り、ラストアタックに向けて懸命にタイヤを暖め、ベストタイム更新に挑む。そしてラストアタックで自己ベストとなる1’30.228をマーク。しかし、順位は9位に留まり、惜しくもQ2への進出は果たせなかった。3号車は明日の決勝を9番手グリッドからスタートすることになった。


■千代勝正コメント
「今日の予選は直前に降った雨に翻弄される形になりましたが、午前中のドライ路面の際にマークしたベストタイムはポールタイムと遜色ないものでしたし、速さには自信を持っています。明日のレースは9位スタートですが、ドライコンディションであれば最後まで追い上げるレースを展開出来ると思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round4
「Chang SUPER GT RACE 」決勝レポート

スーパーGT 2018 第4戦、3号車は13位でフィニッシュ

7月1日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:13位(65周)1h37’18.355(本山→千代)

この日のチャン・インターナショナル・サーキットは、朝から雲ひとつない快晴となった。前日のようなスコールが発生する気配もなく、事前に想定していた路面温度50℃前後のドライコンディションで午後3時、定刻通りにレースはスタートした。


前日の公式練習でドライコンディション時の速さを見せていた3号車には、序盤から順位浮上の期待がかかっていた。だが、スタートドライバーの本山は、まずはタイヤセーブに徹し、着実に順位をキープするレース運びを見せる。8周目オーバーランを喫したことで一時12位へと後退するも、徐々に順位は挽回。24周目からは3周連続でオーバーテイクを決め、26周目にはスタートポジションの9位へと復帰する。このあたりから各マシンはルーティンのピットインが始まった。



3号車は32周目にピットイン。ここでドライバーを千代に代え、給油を済ませると、タイヤは4輪とも交換を行わず、そのままコースへと出ていく。3号車が前半タイヤセーブに徹していたのは、タイヤ無交換作戦への布石だった。そして、他の数チームにタイヤ交換時のトラブルが生じたこと等により、3号車が一気に上位へと浮上する可能性が見えてきた。



36周目、500クラス全チームのルーティンピットインが終わると3号車は5位へと浮上していた。そして、そこから千代は数周の間1分26秒台と、まずまずのラップタイムをキープ。ところがその後、急激にタイヤのグリップが低下した事でペースが落ち、52周目にはポイント圏外の11位へ。グリップしなくなったタイヤで千代は必死に粘りの走行を続けるも、状況はもはや限界にまで達していた。結局、3号車は1周遅れの65周を走り切り、13位でチェッカー。開幕からの連続ポイント獲得記録は、ここで途切れることとなったが4戦連続で完走を果たした。


■千代勝正コメント
「今回残念だったのは、昨日の公式練習でトップタイムをマークしていながら、その良い流れを雨で崩してしまったことです。上位進出を狙って、タイヤ無交換作戦の賭けに出たのですが、コースインしてから最初の10周までは1分26秒台で走れていましたが、その後は急にグリップが落ちて28秒台、さらには30?31秒台までペースダウンを余儀なくされてしまいました。期待していた週末とは違う内容となってしまいましたが、次戦に向けて気持ちを切り替えて集中します。次の富士500mileはウェイトハンデも軽く、十分戦えると思います」


2018 SUPER FORMULA Rd.3 SUGO

2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 SUGO 予選レポート
□日付:2018年5月26日(土)□天候:晴れ

2戦連続、Q2進出!

この日SUGOの上空には朝から爽やかな青空が広がった。スーパーフォーミュラ第3戦の予選は午後1時20分にドライコンディションの下でスタート。まず はミディアムタイヤで争われる20分間のQ1が行われた。千代は他のマシンと同様、開始からすぐにコースインすると2周のウォーミングアップを経てアタック開始。1‘06.546をマークして、Q2圏内につける。
各マシンはここで一旦ピットインし、セカンドアタックに備えた。


残り7分となったところで、各車一斉にコースイン。千代はファーストアタックと同じく2周のウォーミングアップ後にアタックを開始。セクター3でトラフィックに遭い、ややタイムロスしてしまうも1’06.221へとタイムを更新し、この時点でもQ2圏内を守っていた。だが、ここでアクシデントが発生する。各マシンが最後のアタックに挑むタイミングで1台がクラッシュし、赤旗中断。マシン回収後に残り2分20秒で再開することになった。ピット位置が最終コーナー寄りにある50号車にとっては不利な状況となった。セッション再開後、ワンアタックで多くのマシンがベストタイムを更新し、50号車は一気に圏外へと後退。速いペースでアウトラップを終えた千代は計測に間に合い、Q1最後のアタックを敢行。1‘05.844とベストタイムを更新して再び13位に浮上し、Q2へと駒を進めた。
ソフトタイヤで争われるQ2では各マシン、タイムを大幅に更新。千代も1'05.562とベストを更新することに成功したが、13位に留まり、初のQ3進出はならなかった。


□千代 勝正コメント
「オートポリスからさらに上位を狙うべく、クルマを改善して予選を迎えました。Q2ではQ1からセッティングを少し変えたところ、路面状況の変化もあり、マシンバランスが崩れてしまった事でベストなアタックをする事が出来ませんでした。明日の決勝レースはチームとしっかりと戦略を練って、トップ10フィニッシュを目指します。」


2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 SUGO 決勝レポート
□日付:2018年5月27日(日)□天候:晴れ

決勝レースは今季初のリタイア

前日の予選日に続き爽やかな青空が広がったスポーツランドSUGO。第3戦決勝は気温24°C、路面温度41°Cと、予選日とほぼ同様のコンディションで午後2時19分にスタートした。
ソフトタイヤはSUGOでは今回が初めてということで金曜、土曜の走行で得たデータをもとに各チーム様々な戦略を練った結果、スタートタイヤはポジションに関係なく分かれることになった。13番手スタートの千代はソフトタイヤを選択し、序盤に順位を上げていく戦略で挑んだ。



まずはスタートでミディアム勢の前に出ておきたいところであったが、50号車はオープニングラップを17位で通過。2周目にひとつ順位を戻すとその後もペースが速かったことで挽回の期待がかかったが、前走車のブロックに阻まれ、なかなか展開を変えることができなかった。そして数周に渡りバトルが続いた結果、タイヤのパフォーマンスが10周目あたりから落ち始める。ここで早めにピットインし、クリーンなポジションでペースを活かすという作戦変更がチームの頭に浮かび始める。そのタイミングでアクシデントは発生した。


16周目、ペースを落とした50号車に後続の1台が急接近。馬の背コーナーでついにインを突かれることになるが、オーバースピードゆえ、相手はリアを滑らせて接触。コースに留まることができず、グラベルまで飛び出すことに なった50号車はそのまま戦列に復帰できず、痛恨のリタイヤを喫すことになっ た。


□千代 勝正コメント
「序盤で前を早めに追い抜きたかったのですが、相手も必死にブロックしてきて、オーバーテイクに至りませんでした。その結果、避けられない接触に遭い、レースを終えることになってしまいました。3戦を終えて『速さ』という点では中団で戦えるようになりましたが、まだ詰め切れていない部分は多いです。ここから先は簡単ではありませんが、チーム全体で更に上を狙う意識を持って戦っていきます。」


千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2018年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31