BLOG

Japansese / English

2018 SUPER FORMULA Rd.3 SUGO

2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 SUGO 予選レポート
□日付:2018年5月26日(土)□天候:晴れ

2戦連続、Q2進出!

この日SUGOの上空には朝から爽やかな青空が広がった。スーパーフォーミュラ第3戦の予選は午後1時20分にドライコンディションの下でスタート。まず はミディアムタイヤで争われる20分間のQ1が行われた。千代は他のマシンと同様、開始からすぐにコースインすると2周のウォーミングアップを経てアタック開始。1‘06.546をマークして、Q2圏内につける。
各マシンはここで一旦ピットインし、セカンドアタックに備えた。


残り7分となったところで、各車一斉にコースイン。千代はファーストアタックと同じく2周のウォーミングアップ後にアタックを開始。セクター3でトラフィックに遭い、ややタイムロスしてしまうも1’06.221へとタイムを更新し、この時点でもQ2圏内を守っていた。だが、ここでアクシデントが発生する。各マシンが最後のアタックに挑むタイミングで1台がクラッシュし、赤旗中断。マシン回収後に残り2分20秒で再開することになった。ピット位置が最終コーナー寄りにある50号車にとっては不利な状況となった。セッション再開後、ワンアタックで多くのマシンがベストタイムを更新し、50号車は一気に圏外へと後退。速いペースでアウトラップを終えた千代は計測に間に合い、Q1最後のアタックを敢行。1‘05.844とベストタイムを更新して再び13位に浮上し、Q2へと駒を進めた。
ソフトタイヤで争われるQ2では各マシン、タイムを大幅に更新。千代も1'05.562とベストを更新することに成功したが、13位に留まり、初のQ3進出はならなかった。


□千代 勝正コメント
「オートポリスからさらに上位を狙うべく、クルマを改善して予選を迎えました。Q2ではQ1からセッティングを少し変えたところ、路面状況の変化もあり、マシンバランスが崩れてしまった事でベストなアタックをする事が出来ませんでした。明日の決勝レースはチームとしっかりと戦略を練って、トップ10フィニッシュを目指します。」


2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 SUGO 決勝レポート
□日付:2018年5月27日(日)□天候:晴れ

決勝レースは今季初のリタイア

前日の予選日に続き爽やかな青空が広がったスポーツランドSUGO。第3戦決勝は気温24°C、路面温度41°Cと、予選日とほぼ同様のコンディションで午後2時19分にスタートした。
ソフトタイヤはSUGOでは今回が初めてということで金曜、土曜の走行で得たデータをもとに各チーム様々な戦略を練った結果、スタートタイヤはポジションに関係なく分かれることになった。13番手スタートの千代はソフトタイヤを選択し、序盤に順位を上げていく戦略で挑んだ。



まずはスタートでミディアム勢の前に出ておきたいところであったが、50号車はオープニングラップを17位で通過。2周目にひとつ順位を戻すとその後もペースが速かったことで挽回の期待がかかったが、前走車のブロックに阻まれ、なかなか展開を変えることができなかった。そして数周に渡りバトルが続いた結果、タイヤのパフォーマンスが10周目あたりから落ち始める。ここで早めにピットインし、クリーンなポジションでペースを活かすという作戦変更がチームの頭に浮かび始める。そのタイミングでアクシデントは発生した。


16周目、ペースを落とした50号車に後続の1台が急接近。馬の背コーナーでついにインを突かれることになるが、オーバースピードゆえ、相手はリアを滑らせて接触。コースに留まることができず、グラベルまで飛び出すことに なった50号車はそのまま戦列に復帰できず、痛恨のリタイヤを喫すことになっ た。


□千代 勝正コメント
「序盤で前を早めに追い抜きたかったのですが、相手も必死にブロックしてきて、オーバーテイクに至りませんでした。その結果、避けられない接触に遭い、レースを終えることになってしまいました。3戦を終えて『速さ』という点では中団で戦えるようになりましたが、まだ詰め切れていない部分は多いです。ここから先は簡単ではありませんが、チーム全体で更に上を狙う意識を持って戦っていきます。」


2018 SUPER FORMULA Rd.2 AUTOPOLIS

2018 スーパーフォーミュラ選手権 第2戦・オートポリス 予選レポート
□日時:2018年5月12日 □天候:晴れ

チームの最初の目標であったQ1突破を達成

スーパーフォーミュラ2018シーズンは、第2戦を九州・大分のオートポリスで迎えた。開幕戦で14位完走というシーズンスタートを切った参戦2年目のB-MAX Racing Teamの次なる目標は予選Q1突破、そして決勝でのポイント獲得だ。チームは金曜日の専有走行と土曜日午前中のフリー走行の合計2時間でデータ収集およびタイヤ比較を行い、セットアップを進めていった。その結果、クルマの状況は飛躍的に進化を果たし、最終的にトップとコンマ5秒差の5位でフリー走行を終える。午後の予選でのQ1突破はかなり現実的な目標へと変わっていた。


午後3時50分より第2戦の予選がノックアウト方式で行われた。まずは全マシンがミディアムタイヤで挑む20分間のQ1。ファーストランではニューとユーズドに選択は分かれた。千代はニュータイヤでコースインし、計測1周目 に1‘28.242をマーク。この時点で6位につけると、その後も続けて周回するが、このタイムを上回ることはできず、7位でセッションを折り返す。


各マシンは一旦ピットに戻ると、残り6分となったところで今度は全マシンがニュータイヤでコースイン。千代も2セット目のニュータイヤを投入し勝負をかける。そして予想通りセカンドランでは熾烈なアタック合戦が繰り広げられ、トップから16位までがわずかコンマ5秒差という拮抗した争いとなる。 そんな中、千代は計測2周目に1‘27.550をマーク。14位で踏みとどまり自身初のQ2進出を決めた。


Q1終了から10分後、ソフトタイヤで争われるQ2がスタートした。このセッションでは各マシン、タイミングを見計らい1回のランで勝負。残り5分で14台が一斉にコースに入ってのアタック合戦は、タイミングと運がカギを握ることになった。千代はコースイン直後からタイヤを温め、計測1周目での最大グリップを狙ったが、気温が下がった事も影響して、やや温め切らず、計測2周目でのアタックに変更。この結果、1‘27.268をマークした。ところが、このアタック中にセクター3にて黄旗が出てしまい、このタイムは抹消となり、予選を14位で終えることになった。


□千代 勝正コメント
「まずはQ1を突破という目標がクリアできたのは良かったですが、今度はQ2の高い壁が見えました。今回は昨日と今日のフリー走行で様々なセッティングを試した結果、走り出しから約5秒ラップタイムを縮めることができましたし、ミディアムタイヤでの上位とのタイム差を縮めるという課題をクリアできたのも大きな進化だと思います。決勝ではひとつでも前でゴールできるように頑張ります」



2018 スーパーフォーミュラ選手権 第2戦・オートポリス 決勝レポート
□日時:2018年5月13日 □天候:雨

大雨と濃霧にて決勝レースは中止

決勝当日は朝から悪天候となり、深い霧のために午前中のフリー走行がディレイになった末、結局中止に。午後の決勝もウォームアップ走行時に雨脚が強まり、そこから天候回復の見込みがなかったことで中止となった。開幕戦から着実に進化しているはずの50号車が決勝でどの様なパフォーマンスをを見せるのか、その期待はスポーツランドSUGOでの第3戦(5月26日〜27日)へと持ち越されることになった。


□千代 勝正コメント
「残念ながら今日のレースは中止となりました。楽しみにしてくださっていたファンの皆様に走りをお見せできず、とても残念です。また次戦に向けてチームと共にレベルアップ出来る様に頑張ります。応援、有難うございました。」


2018 SUPER GT Rd.3 鈴鹿

2018 AUTOBACS SUPER GT Round 3
「SUZUKA GT 300km FAN FESTIVAL 」公式予選レポート

SUPER GT 2018 第3戦、3号車は予選12位

5月19日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:6位 1’46.569(本山)
■公式予選結果:12位 1’46.013(千代)

第2戦から約2週間という短いインターバルを経て、今季第3戦が鈴鹿サーキットで開催。昨年までは8月に1000kmの長距離で行われていた鈴鹿大会だが、今年は時期が5月でレース距離は300kmと、全く異なるシチュエーションでの戦いとなった。開幕から連続入賞を果たしている3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は、午前中に行われた公式練習のGT500占有時間帯にいきなりコースレコードを破るタイムをマークするなど、午後の予選に向けて期待が持てる滑り出しを見せた。


この日の鈴鹿は朝から好天に恵まれたが、強い風が吹くトリッキーなコンディション。GT300クラスのQ1で赤旗が出た影響から定刻より10分遅れの午後3時05分、GT500クラスの予選Q1がスタートした。予選本番は15台すべてがコースレコードを更新するという、ハイレベルな攻防となった。


3号車はQ1を千代 勝正が担当した。15分間のセッションの中、最初にマシンが動き出したのは残り時間10分を迎える頃だった。3号車の千代も残り10分を切ったあたりでコースイン。選んだタイヤの種類やそれぞれのメーカーの特性の違いによりウォームアップ周回が各マシン異なる中、千代は3周目にアタックを開始。1’46.013をマークし、この時点で6位となり、まずはQ2進出圏内につける。だが、この後次々と3号車のタイムを上回るマシンが現れることになり、数分後にはQ2進出圏外へ。3号車にはもう1周アタックのチャンスが残されていたが、ベストタイムを更新することはできず、最終的に12位でQ1を終えた。ここで3号車の決勝グリッドは12番手に決まった。


■千代 勝正コメント
「アタック自体はタイヤのグリップを出し尽くせて、ベストなアタックでした。Q2に届かなかった分のコンマ16秒については今後、改善していかなければならない部分だと思います。ロングランのフィーリングはライバルに負けていないし、決勝をしっかり走り切れるタイヤを選んでいるので明日は自分たちのレースをして、ひとつでも上位を目指して頑張りたいと思います。」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round 3
「SUZUKA GT 300km FAN FESTIVAL 」決勝レポート

SUPER GT 2018 第3戦決勝、3号車は7位。3戦連続ポイントゲット

5月20日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:7位(52周)1h47’44.580(本山→千代)

この日の鈴鹿サーキットは風もおさまり、爽やかな初夏の陽気に包まれた。第3戦決勝レースはサーキットの計時システムにトラブルが生じたことで、定刻より40分遅れの午後3時20分にスタートした。


12番手スタートの3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は、本山 哲がスタートドライバーを担当。オープニングラップはスプリントレースらしからぬ静かな幕開けとなり、本山も12位をキープ。前を狙えるペースはあったが、まずは落ち着いて11位のマシンの背後につけ、順位浮上のチャンスを待ち続けた。そして8周目の1コーナーでオーバーテイクを狙っていくも、順位は変わらず。その後、GT300クラスの集団に追いついてからはチャンスがなかなか訪れず、10周目、2つ順位を落とすことになった。


レースは14周目に39号車が立体交差先でスピン。コース上に横向きになりストップ。セーフティカーが入った。19周目にレースはリスタート。この周回でスタートドライバーの最低義務周回数に達したことから、ここから数台が早めのピットインに向かう。3号車も前との差が最も詰まった19周目にピットインし、逆転を狙った。


この作戦は的中し、ピット作業も迅速だったことで、ドライバーを千代に代えた3号車は一気にポイント圏内の9位へと浮上することになった。さらにこの後、前の2台にドライブスルーペナルティが出たことで38周目には7位。そこから6位?8位の3台による接近戦が繰り広げられることになる。このとき3号車は果敢に仕掛けていけば混戦から抜け出せ、もっと上の順位を狙えるだけのペースを持っていた。だが早めのピットインだったことで燃料はチェッカーまで持つかどうかのギリギリの状況。思い切った勝負をすることはできず、我慢のレースを強いられる。そんな中で千代は最後まで順位を守り切り、予選順位から5ポジションアップの7位でチェッカーを受けた。3号車は開幕から3戦連続でポイントを獲得した。


■千代 勝正コメント
「燃費的にかなりリミットに近い非常にチャレンジングな作戦だったのですが、ピット作業も早く、まわりのピットインが終わるまでにとにかく懸命にプッシュした結果、ポイント圏内まで順位を上げることができました。その後は燃費走行をしつつチャンスがあれば仕掛けるという繰りかえしになりましたが、その中でなんとかゴールまで燃料をもたせることができ、7位という結果が得られたことに関しては良かったと思います。予選でのスピードという課題は残りましたが、レースの面では作戦もしっかりと機能し、チーム力を発揮出来ました。次に繋がるレースになったと思います」


2018 SUPER GT Round 2 富士

2018 AUTOBACS SUPER GT Round2
「FUJI GT 500km RACE 」公式予選レポート

SUPER GT 2018 第2戦、3号車は予選7位

5月3日(木) 天候:雨のち晴れ 路面:ウェット/ドライ
■公式練習結果:8位 1’30.541(千代)
■公式予選結果:7位 1’28.571(千代)

ゴールデンウィーク恒例のSUPER GT第2戦が、富士スピードウェイで行われた。今季GT500クラス初参戦ながらデビュー戦で7位入賞を果たし、トップカテゴリーで戦えることを証明した3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」には今回、さらなる期待がかかる。その第2戦は初日からイレギュラーな展開となった。この日の富士スピードウェイは朝から深い霧に包まれ、数度のディレイを経て午前中の公式練習は中止に。そして各チームの監督が集まりミーティングを行った結果、午後に30分間の練習走行を行った後に20分間の1セッションに短縮された予選が行われることになった。3号車は予選に出走する千代勝正が練習走行を実施。短い時間の中で予選に向けたセットアップとリハーサルを行い、約1時間半後にスタートする予選に備えた。


20分間の1セッションという、通常とは異なる形式で行われた今回の予選、ほぼ全マシンが2セットのタイヤを投入し2回のアタックを行った。3号車も千代がセッション開始からすぐにコースインし、まずはファーストアタックに挑む。2周のウォームアップを経て、3周目にアタック。納得のいくところまで合わせ込めなかったマシンをねじ伏せて叩き出した1’28.611は、この時点で2位のタイムとなった。しかし、今回の予選は15台のタイムが非常に拮抗することになり、わずかコンマ2秒ちょっとしかなかったトップとの間にその後3台が割り込むことに。3号車は6位でセッションを折り返した。


ピットインし、タイヤを交換すると、3号車の千代はすぐにコースへと出た。そして残り時間10分に対し前半と同じルーティンで3周目にアタックに入ると、ここで1’28.571とベストタイムを更新し、ひとつ順位を上げる。ところがファーストアタック時と同じく15台による拮抗したバトルが繰り広げられることになり、最終的に7位に後退し、20分間のセッションは終了。3号車は4列目、7番手グリッドから決勝レースに挑むことになった。レース距離は500kmに及ぶ長い戦いとなる。目標である表彰台は充分期待できるグリッドだといえるだろう。


■千代勝正コメント
「30分間の練習走行の中で予選に向けてタイヤとマシンのセッティングを決めたのですが、完璧に仕上げることが出来ず、タイムを縮める事ができませんでした。気温が思ったより高くなり、選んだタイヤがやや路面に合っていなかったことを考えると、明日も気温がポイントになると思いますが、7番手からとにかく追い上げるレースを展開したいと思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round2
「FUJI GT 500km RACE 」決勝レポート

SUPER GT 2018 第2戦、3号車は10位フィニッシュ

5月4日(金) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:10位(109周)2h52’04.862(千代→本山→千代)

富士スピードウェイはこの日、朝から晴天となり、前日よりも気温、路面温度ともに上昇。500kmに及ぶ長い戦いは、ドライコンディションの下で午後2時40分にスタートした。2回のドライバー交代をともなうピットインが義務づけられたこのレース、7番グリッドから挑む3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は、千代 勝正がスタートドライバーをつとめた。前日、路面温度がレースのひとつのカギを握ると言っていた千代だったが、その気温は予想よりも高くなり、3号車はレース序盤から苦戦を強いられることになった。


レースはオープニングラップから、激しいポジション争いが繰り広げられた。混戦の中、3号車の千代はポジション取りに恵まれず、オープニングラップで11位まで後退。想定以上に上昇した路面温度とタイヤのマッチングに苦しみ、8周目には14位まで順位を落とすことになった。だが、10周目を超えたあたりからペースを取り戻すと、18周目に13位、19周目には12位と順位を上げていく。レース後半戦での巻き返しを図るべく、3号車は予定より早めの35周目に1回目のピットイン。11位に約5秒差のポジションで、さらなる反撃を第2スティントの本山 哲に託した。



全てのマシンが1回目のピットインを終えたのが40周目。3号車の順位は変わらず12位で第2スティントをスタートさせた。そして前日のイレギュラーなスケジュールで走行の機会がなくぶっつけ本番にはなったものの、そこは経験豊富な本山。安定したペースでラップを刻み、反撃こそならなかったものの12位をキープし続ける。その後も展開は変わることなく3号車は79周目に2度目のピットイン。再び千代にバトンが渡った。



第3スティントから3号車は息を吹き返した。第1スティントとは違う路面にマッチしたタイヤに交換した事で、78周目にベストラップを大幅に更新すると、その後も猛然とフルプッシュ。セクター2では一時、全体ベストを記録した他、ファステストに迫るラップタイムをたたき出すなど完全にゾーンに入る。その後、レース終盤になり前の2台がトラブルで脱落したことで3号車は10位まで浮上してチェッカー。開幕から2戦連続のポイントゲットとなった。



■千代勝正コメント
「最初のスティントは想定よりも高くなった路面温度に対して選んだタイヤが合わず、苦しい展開になりました。しかしながら、第3スティントでは本来の自分の走りを取り戻すことができたので、次戦の鈴鹿では思い切りの良いレースをしたいと思います。今回も熱い応援を有難うございました。ここから巻き返します!」


2018 SUPER FORMULA Rd.1 Suzuka

2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦・鈴鹿 予選レポート
□日時:2018年4月21日15時45分〜 □天候:晴れ 

SUPER FORMULAでの初の予選は17位

予選日の鈴鹿は連日、真夏並みの暑さとなったが、予選が行われる午後3時45分頃は風が出て少し涼しくなり、気温は23°C、路面温度31°Cのドライコンディションでスタートした。今シーズンの大きな話題として、昨年スポットで採用されたミディアム、ソフト2種類のタイヤコンパウンドの使用が今年は全戦で義務付けられた。限られた各セットで予選、決勝をどう戦っていくのか、いずれも戦略性の高い戦いとなることが予想された。予選はQ1のみ全マシンがミディアムを使用。Q2、Q3はどちらも使用できるというルールだ。


予選開始から全マシンが一 斉にコースインしていったQ1では、まずユーズドタイヤで様子を見るチームが多い 中、千代は最初からニュータイヤを投入し、勝負をかけた。アウトラップから1周のウォームアップを経て、アタック開始。1分40秒668をマークするとその翌周も続けてアタックし、セクター1ではやや遅れたものの、セクター2、3で盛り返し1分39秒958へとタイムアップを果たす。だが、この時点で千代の順位は15位と、Q2進出圏内に届いていなかった。進出を果たすためには、全マシンがニュータイヤで挑む残り10分からのセカンドアタックでさらにタイムアップし、順位を上げる必要があった。


千代は一旦ピットに戻り、マシンに若干のアジャストを加えると、2セット目のニュータイヤに交換してコースイン。マシンバランスが改善されたことで狙い通り計測3周目に1分39秒133をマーク。この時点で12位に浮上し、Q2進出の可能性を見せる。しかしその後ライバルたちの多くがここでタイムアップした為、結果的に17位となり、当面の予選目標であるQ1突破は次戦に持ち越しとなった。


■千代 勝正コメント
「1本目のアタックではマシンバランスに悩みましたが、2本目のアタック前のアジャストで改善されて、まずまずのアタックができました。それでもQ1突破は難しく、上位陣との差は思ったより大きかったです。しかし、いつまでもこのポジションにいるつもりはありません。明日はスーパーフォーミュラ初レースとなりますが、チーム一丸となってポ イント圏内を目指します」


2018 全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦・鈴鹿 決勝レポート
□日時:2018年4月22日13時50分〜 □天候:晴れ 

SUPER FORMULAデビューレースは14位完走

この日も鈴鹿は、前日同様の晴天に包まれた。午後になると路面温度は40°Cを超え、この時期としては想定外のコンディションとなる。各チーム、タイヤ戦略に一抹の不安を抱えながら午後1時50分、スーパーフォーミュラ今季開幕戦の決勝レースがスタートした。決勝レース2ではソフト、ミディアムの2種類のコンパウンドのタイヤを必ず一度使用しなければならないというルールが採用され、スタートポジションにより戦略は分かれることになった。概ね上位グリッドがミディアムでスタート、下位グリッドはソフトでスタートという傾向で、17番手スタートの千代もソフトタイヤでスタート。序盤での順位アップを狙う作戦に出た。



スタート直後から激しいポジション争いがあった結果、オープニングラップは一つ順位を上げて16位で通過。以降も15位に対し約1秒差で追走するが、予想以上にタイヤのパフォーマンスは長続きせず、そこから順位を上げていくことはできなかった。


12周目からソフトタイヤ勢のピットインがはじまり、千代も16周目 にピットイン。残り35周をミディアムで走り切る作戦を採った。そしてピッ トアウト後にペースを上げ、約3秒前を走っていたマシンにを抜きにかかるが、 翌周にピットアウトしてきたマシンに引っ掛かってしまい浮上はかなわず。


全マシンがピットインを済ませる間に2台が戦列を離れたことで33周目に順位は15位に浮上していた。40周目に14位へとポジションを上げた千代はスーパーフォーミュラデビュー戦のチェッカーを14位で受けた。


□千代 勝正コメント
「スーパーフォーミュラでの初戦を完走するという目標は達成できましたが、順位を上げる展開に持っていくのは難しかったです。今季はまだ6戦残っています。もっと上位で戦えるようにチームも自分もレベルアップしていきます。」


千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2018年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

6

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30