2018 SUPER GT Rd.7 AUTOPOLIS

2018 SUPER GT Rd.7 AUTOPOLIS

Japansese / English

2018 AUTOBACS SUPER GT Round 7
「AUTOPOLIS GT 300km RACE 」予選レポート

スーパーGT2018第7 戦、3号車は予選15位
10月20日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:12位 1’34.249(千代)
■公式予選結果:15位 1’34.695(千代)

SUPER GT 2018シーズンは残り2戦。第7戦が九州のオートポリスで行われた。3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」のここまでの戦績は最高位が開幕戦と第3戦の7位と、都度見せる速さに対し物足りなさは否めない。第7戦はウェイトハンデが軽減されランキング上位に対するアドバンテージは少なくなるが、それでも今季初表彰台の期待はやまない。ところが最初の公式セッションとなる午前中の公式練習はニッサン勢揃って不振に陥り、専有走行で千代 勝正がマークした1分34秒259のベストタイムは12位に留まった。厳しい週末のスタートとなった。


午後2時50分から予定されていたGT500クラスの予選Q1は、GT300クラスのQ1で赤旗が出た影響から4分遅れでスタート。午後から日差しが強まったことで路面温度は34℃と、公式練習とは大きく異なったコンディションの下で各マシンは予選アタックに挑んだ。15分間のセッションの中、残り6分となった時点で1台が動き出すと、ほかの14台も一斉にコースインし、アタック合戦の火ぶたが切られた。


3号車のQ1は千代が担当し、予定通り2周のウォームアップランの後、アタック開始。1周目は1分34秒695で4番手。翌2周目のアタックでは、さらなるタイムアップが見込めるはずだった。しかし、1コーナーで千代はタイヤをロックさせてしまう。その影響でタイヤのパフォーマンスは落ち、ベスト更新はならず。3号車は最終的に15位となり、Q2進出はならなかった。


■千代 勝正コメント
「アタック2周目の1コーナーでフロントタイヤをロックさせてしまったことで、パフォーマンスを最大に引き出せず非常に悔しい結果となりました。ミスが無くても状況から見てQ2進出は厳しかったかもしれませんが、その状況の中でミスをしてしまった事が本当に悔やまれます。その分、明日のレースでは少しでも挽回できるように頑張りたいと思います」


2018 AUTOBACS SUPER GT Round7
「AUTOPOLIS GT 300km RACE 」決勝レポート

スーパーGT2018第7戦決勝、3号車は13位フィニッシュ
10月21日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:13位(65周)1h57’20.421(本山 → 千代)

前夜から早朝にかけてはかなり冷え込んでいたオートポリスだが、雲ひとつない晴天が徐々に路面温度を上昇させ、気温17℃に対して路面温度は36℃という、この時期らしからぬコンデイションとなった午後2時に65周のレースがスタートした。

第1スティントを担当する本山 哲を乗せた3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は最後尾の15番グリッドからスタートすると、オープニングラップから反撃を開始。まずはここで14位に浮上する。そして8周目に再び後退するも14周目にはまた14位に復帰と、タイヤマネジメントを意識しつつ本山は粘りの走りを見せる。16周目には13位と着実に順位を上げていった。



その後、20周目にスタジアムセクションでコースアウトして動けなくなったGT300のマシンを排除するためにセーフティカーが入る。これで前との差は一気に縮まり、13位につけていた3号車にもポイント獲得の目が出てくる。レースは25周目から再開。レース周回の1/3を過ぎていたことで、このタイミングで多くのマシンがピットインへと向かった。3号車はリスタート後にコースアウトを喫した際にタイヤを傷めていたことから、26周目にピットイン。ポイント圏内への浮上は第2スティントの千代に託された。


39周のロングスティントとなった千代は、ライバルたちとの戦いに加え、燃費およびタイヤのデグラデーションとも戦わなければならなかった。このため、スティント序盤から果敢なプッシュはできず、我慢の走りを強いられる。そんな中でもレースペースは良く、一時15位まで落ちた3号車は59周目には13位まで浮上。先行する12号車の背後に迫るが、残り10周で燃費セーブの指示が飛ぶ。そのまま3号車は13位でチェッカーを受けた。


■千代 勝正コメント
「第2スティントはロングスティントになり、タイヤマネジメントをしながら前に追いつくというのが自分へのテーマでした。前に徐々に近づくことができていたので、ペースは悪くなかったと思います。ところが、残り10周を切ったあたりで燃料をセーブするためにペースを落とさざるを得なくなりました。攻められる状況であれば、良いバトルが出来ていたはずなので、最後まで戦えなかった事は残念でした。でも、これも現状の中でチームとしてベストを尽くした結果です。今年は成績がパッとせず正直、このままでは終われません。最終戦こそ良い結果が得られるように頑張りたいと思います。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2018年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30