SGT 富士 予選日レポート

SGT 富士 予選日レポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Round5
「FUJI GT 300km RACE」公式予選レポート

スーパーGT第5戦、46号車は2位で今季2度目のフロントロー獲得!

8月6日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:1位 1’29.468(本山)
■公式予選Q2結果:2位 1’28.936(本山)

スーパーGT2016シーズンは第4戦から2週間のインターバルを経て、富士スピードウェイで第5戦を迎えた。3位表彰台でシーズンをスタートしたものの、その後は運に見放され続けている46号車「S-Road CRAFTSPORTS GT-R」にとって予選2位、決勝でも途中までトップを走った第2戦と同じ舞台であることは、流れを変える大きなチャンスとなる。そして真夏の3連戦と称される第4?第6戦だが第2ラウンドでようやく夏らしい暑さが訪れたことで、このコンディションを得意とする46号車は午前中の公式練習から高いパフォーマンスを発揮。序盤にトップタイムをマークしてから一度もその座を譲らず、期待通りの滑り出しを見せた。



午後はさらに気温が上がり、午後2時51分からのGT500クラス予選Q1は気温32℃、路面温度52℃というコンディションで開始。15分のセッションの中、各マシンはすぐに動き出さず、後半での短い周回のアタックに賭けた。46号車のQ1を担当するのは千代勝正。残り10分を切ってようやく1台が動き出すと、46号車は残り7分30秒のタイミングでコースインする。そして1周のウォーミングアップラップの後2周目にアタックを予定していた46号車だったが前方がつまっていたことで回避し、改めて3周目にアタックを敢行。2周目の時点でタイミングモニターの上位勢はかなり速いタイムを刻んでいたが、千代はさらにこれを上回ってみせ2位にコンマ約4秒の差をつけトップへと浮上した。午前の公式練習につづきトップを奪った46号車へのポール獲得の期待は、さらに膨らむことになった。



GT500クラスのQ2は午後3時36分、47℃とQ1時よりも路面温度がやや低いコンディションで開始。12分のセッションで行われるQ2も各マシン序盤は動き出さず、本格的なアタックが始まったのは残り8分を切ってからとなった。本山哲を乗せた46号車もそのタイミングでコースインし、1周のウォーミングラップを経て2周目よりアタック。しかしトラフィックに阻まれさらに路面温度も下がっていたことで完璧なスタートを切ることができず、46号車はセクター2まで最速を刻むもトータルでは2位に留まってしまう。その翌周にわずかにタイムアップを果たすもトップ浮上には繋がらず、46号車は結局2位で第5戦の予選を終了。明日のレースをフロントローの2位からスタートすることになった。

■千代勝正コメント
「今日の予選Q1、本当は計測2周目にアタックに行く予定だったところ前のクルマが近かったこととタイヤのウォーミングアップが完璧ではなかったことで1周見送ることになったのですが、練習走行からマシンの調子も良く、今回ミシュランさんが用意してくれたタイヤとコンディションもマッチしていて良いタイムを出すことができました。またQ1ということでプレッシャーも少なく、アタック自体も満足のいくものでした。明日のレースは2番手からのスタートとなりますが、ロングランに関してもマシン、タイヤともには非常に感触が良かったので、しっかり優勝を狙っていきたいと思います」



ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2018年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31