2020 SUPER GT Round 1 FUJI GT 300KM RACE

2020 SUPER GT Round 1 FUJI GT 300KM RACE

Japansese / English

2020 SUPER GT Round 1 FUJI GT 300 KM RACE 予選レポート Photo : ©NISMO

2020年シーズン、ついに開幕!GT500復帰初戦!!

4月に岡山国際サーキットにて開幕予定だったSUPER GT 2020シーズンは新型コロナウイルスによる影響により、開幕が延期され7月18−19日に富士スピードウェイに場所を変えて開催されることとなった。

延期による待機期間中もフィジカルトレーニングやシミュレータにて準備を続けてきた千代 勝正は2018年以来、1年ぶりのSUPER GT GT500クラスへの復帰となる。
チームは古巣NDDP RACING with B-MAX、マシンはNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R。パートナーはSUPER GT GT500クラスにて2度のシリーズチャンピオンに輝き、昨年もSUGO ラウンドにて勝利を挙げている平手 晃平選手。

岡山、富士での公式テストを経て、ついに7月18日(土)にSUPER GT 2020シーズンが開幕した。
今大会は土曜に練習走行、日曜に予選・決勝を行う変則スケジュールにて無観客での開催となった。



7月18日(土)曇り 路面:ドライ ■公式練習走行 結果:10位  1'28.267

朝から降り続いた雨が止み、ドライ路面での走行が期待された練習走行セッションだが、開始時刻となった16時にはコース上は深い霧に包まれており、有視界10mにも満たない状態であった。セッションのスタートディレイが宣言され、オフィシャルカーがコースインしてコース状況の確認を行う。

スタート予定時刻の16時から1時間15分が経過した17時15分。霧が晴れた事を確認したオフィシャルから公式練習走行スタートのアナウンスが入った。
気温は20℃、路面温度22℃、湿度80%、ウェット宣言が出されたが多くの車両はドライタイヤを履いてコースインしていく。

この土曜の時点では翌日の日曜朝に大雨の天気予報とされており、予報通りの大雨で予選開始が当初の予定より30分遅れた場合は、この土曜の練習走行の結果で決勝グリッドが決定する可能性があった。よって、各チームはロングランを試しつつ、セッション終盤の占有走行時間では予選並のアタックを繰り広げる事になる。

No.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは平手からコースインし、セッティングを詰めていく。
残り22分で千代へ交代。占有走行も千代が担当し、この練習走行での最後の周回となる39周目に1'28.267をマークし、10位で練習走行を終えた。


7月19日(日)晴れ 路面:ドライ ■公式予選 結果:  Q1:3位  1'27.022 (平手) Q2:7位 1'27.439(千代)

Q1突破!7番グリッドより2020シーズンのスタートを切る!!

明けて日曜日。前日の予報とは異なり、曇り空の中から時折、太陽が顔を覗かせる。
気温24℃、路面温度29℃、湿度73%のコンディションにて予選セッションがスタートした。
No.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R はQ1を平手、Q2を千代が担当する。

10時3分、GT500クラス予選Q1がスタート。セッション開始と同時にコースインした3号車の平手は入念にタイヤのウォームアップをしつつ周回を重ねる。
計測5周目、ここで平手が1'27.022のスーパーラップを決め、3号車を3位のポジションに押し上げる。3号車はこのまま3位のポジションを守りきり、Q1を3位で突破する事に成功する。

続いてQ2は千代が担当。10時41分にセッションがスタート。平手と同じく計測5周目にアタック。1'27.439をマークして7位となる。
SUPER GT GT500復帰初戦は7番グリッドからのスタートとなった。


■千代 勝正 コメント
「平手選手がしっかりQ1を突破してくれて、自分もQ2でのポジションアップを狙いましたが7位となり、後方からのスタートとなってしまった事は悔しいです。スタートまでにチームと平手選手とストラテジーを練って、決勝では追い上げるレースをお見せしたいと思います。」


2020 SUPER GT Round 1 FUJI GT 300 KM RACE 決勝レポート Photo : ©NISMO
7月19日(日)晴れ 路面:ドライ ■決勝(66 Laps) 結果:  7位 

SUPER GT GT500 復帰初戦は7位入賞。4ポイントを獲得する!

予選Q2が終わって4時間後の15時00分、フォーメーションラップがスタート。気温26℃  路面温度39℃ 湿度58% 決勝レースは66周で争われる。
No.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは平手がスタートドライバーを務める。15時02分、グリーンライトが点灯。待ちに待った2020年シーズンがスタートした。GT500の15台が一斉に1コーナーに雪崩れ込むが、ここでは大きな混乱は無し。しかし、続く100Rにて64号車と12号車が接触。残念ながら12号車はここでリタイアとなり、このクラッシュにより早くもセーフティカーが導入される。3号車はオープニングラップを9位で通過。

5周のセーフティーカー先導が終わり、6周目よりレース再開。これまでのテストは雨や曇りが多く、晴れのドライコンディションでのロングラン走行という条件はこのレース中が初となった。よって、平手はタイヤマネージメントを行いつつ、インフォメーションを逐一チームに挙げていく。ここで得られた情報を元に後半スティントのストラテジーが練られていく。


レースも折り返しとなる32周目、3号車がピットイン。平手から千代にドライバーチェンジ。タイヤ交換、給油のフルサービスをチームはミス無くこなし、3号車をコースへ送り出す。9位で復帰した3号車の千代は前を行く23号車を追っていく。23号車の背後に迫った35周目の13コーナー、3号車の目の前で360号車と23号車が接触。360号車はスピンし、レーシングライン上で進行方向と逆に向いて停止してしまう。そこへ3号車が迫るが、アウト側から回避し、事なきを得る。このアクシデント中に23号車をかわし、8位へポジションアップしたところで360号車の回収の為、2度目のセーフティーカーが導入される。


43周目にセーフティカーが明けて、レースリスタート。残りは23周。3号車の千代は自己ベストタイムを更新して前をいく7位の8号車に迫っていく。
64周目、8号車との差を0.288秒差まで詰めた千代はその周の最終コーナーで8号車のインに飛び込み、オーバーテイクに成功。しかし、8号車はホームストレートで3号車のスリップストリームを利用して、アウト側から3号車に並ぶ。サイドバイサイドで1コーナーに飛び込んだ両者の戦いはインを取った3号車に軍配が上がる。これで7位にポジションアップ。そのままポジションを守り切り、GT500復帰初戦は7位でチェッカーを受けた。今後、この4ポイントがチャンピオン争いに効いてくる事を期待したい。


■千代 勝正 コメント
「先ずはGT復帰初戦を入賞という形で無事に終える事が出来た事は良かったです。しかしながら、今回は予選・決勝と平手選手に助けられる場面も多く、自分のやるべき課題が多く見えた一戦となりました。上位陣との差も大きい為、この結果には決して満足はしていません。優勝争いに加わる為にもチームとディスカッションして3週間後の第2戦に備えたいと思います。最後に、この難しい状況の中、レース開催に尽力して頂いた全ての関係者とチーム、そしてTVやネットにて応援して頂いたファンの皆様に感謝します。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2020年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30