2020 SUPER GT Round 7 Motegi GT 300 KM RACE

2020 SUPER GT Round 7 Motegi GT 300 KM RACE

Japansese / English

2020 AUTOBACS SUPER GT Round 7
「FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE」予選レポート

SUPER GT 第7戦予選、3号車GT-Rは8位

11月7日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:9位 1'37.884(千代)
■公式予選結果:8位 1'46.060(平手)

SUPER GT 2020シーズンはいよいよ残り2戦となり、ツインリンクもてぎで第7戦を迎えた。もてぎは今季2度目の開催となる。3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は午前中の公式練習でまず平手 晃平が持ち込みセットを確認し、その後千代 勝正がロングラン及びショートランを担当。順調にメニューを消化していく。ベストタイムの順位は9位だったが、チームは上位で戦える手ごたえを感じていた。



この日、快晴となったもてぎは午後になると気温が上昇。GT300クラスの予選が始まる午後1時30分の時点で路面温度は24℃に達した。GT500クラスの予選Q1が午後2時03分にスタートすると、その約2分後にQ1担当の千代を乗せた3号車GT-Rがコースイン。アウトラップ後、2周の間に入念にタイヤに熱を入れ、3周目にアタックに入る。タイヤのパフォーマンスをうまく引き出しノーミスでアタックラップを纏めた結果、タイムは1’37.078をマーク。5位でQ2進出を決めた。


午後2時41分よりGT500クラスのQ2が開始された。Q1での千代のタイムにより上位グリッド獲得の期待が高まる3号車GT-Rは平手が開始から2分過ぎ、全体の4番目にコースイン。Q1と同じ手順でアウトラップ後、2周のウォームラップランを行い3周目にアタックに挑むが、3コーナーでややミスを喫し、4周目に仕切り直すことに。4周目のアタックで1’37.217をマークして7番手につける。ところが、V字コーナーでトラックリミットを僅かにオーバーしていたとの判定が下され、ベストタイムは抹消。3号車GT-Rは予選を8番手で終えることになった。


■千代 勝正コメント
「Q1を突破できるかどうかギリギリのラインを予想していたので、Q1を通過できて先ずはホッとしました。Q2のトラックリミットは見た目ではかなり微妙な判定でしたので残念でしたが、上位で戦えることは間違いなく、前回もピット作業で順位を大きく上げているので、抜きにくいコース特性のもてぎとはいえ、明日の決勝も戦略面を含めたチーム力を発揮して上位進出していきたいと思います」 Photo by NISMO


2020 AUTOBACS SUPER GT Round 7
「FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE」決勝レポート

SUPER GT第7戦、3号車GT-Rはマシントラブルで15位

■11月8日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:15位 1:26’03.745(45周)(平手→千代)

ツインリンクもてぎはこの日も前日に引き続き快晴に恵まれ、第7戦決勝は気温22℃、路面温度29℃というコンディションの下で午後1時にフォーメーションラップがスタート。スタートドライバーの平手 晃平を乗せた3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は4列目8番グリッドからレースに挑んだ。



アクシデントがあった第5戦を除き、ここまで必ず決勝で追い上げてポイントを獲得してきた3号車GT-Rにとって8番手は上位フィニッシュを十分期待させるグリッド順だったが、朝のウォームアップ走行の際の黄旗区間追い越しにより、ドライブスルーペナルティが課せられてしまう。オーバーテイクが難しいもてぎとはいえ、決勝ペースに速さのある3号車には可能性はまだ残されている。チームに諦めムードは決してなかった。平手は4周目にドライブスルーペナルティを消化すると、集団から大きく離れた最後尾の位置から追撃を開始した。


23周目、セーフティカーが導入される。これにより、前とのギャップを詰めることができた3号車GT-Rはセーフティーカー明けのリスタート後にピットへ滑り込む。迅速なピットワークで平手から千代 勝正へとバトンを繋ぎ、7位でコースイン。


アウトラップで早速、千代は1台をオーバーテイクし、6位に順位を上げた。更なるポジションアップを狙っていたが、前走車に詰まったところで、後続の数台が接近することになり、GT300が交錯してきた際にコーナーで失速してしまい、その隙をつかれ順位を後退してしまう。


しかしながら、まだ残り周回は20周以上あり、再びの反撃チャンスは十分。そのためのポテンシャルも3号車GT-Rにはあった。千代は42周目にひとつ順位を戻すことに成功すると次のターゲットに0.3秒差まで接近する。しかし、ここでマシントラブルが発生してしまう。46周目、ホームストレート上で突如駆動力を失い、1コーナーでストップ。反撃はここまでとなり、3号車GT-Rは第7戦を15位で終えた。


■千代 勝正コメント
「最下位からSCとピット作業で大きく順位を上げることができ、その後も一旦は抜かれてしまったもののペースは良く、再び挽回することは可能だと思っていました。そのタイミングでマシントラブルが発生してしまい、非常に残念な終わり方になってしまいました。しかしながら、上位集団と戦えたことも事実で、今回はいろいろなことが噛み合わず結果は出せませんでしたが、マシン、チーム共にポジティブな面もたくさんありました。今シーズンも残すは最終戦のみ。最後はチームとしてシーズンベストの戦いをして終えたいと思います。応援、宜しくお願いします。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2020年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

9

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30