2021 SUPER GT Round 8 FUJI GT300KM RACE

2021 SUPER GT Round 8 FUJI GT300KM RACE

Japansese / English

2021 AUTOBACS SUPER GT Round 8
「FUJIMAKIGROUP FUJI GT 300km RACE」予選レポート

SUPER GT 2021 最終戦、3号車GT-Rは予選8位

11月27日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:13位 1'28.077(平手)
■公式予選結果:8位 1'26.820(平手)

SUPER GTは2021シーズン最終戦を富士スピードウェイで迎えた。この週末、富士スピードウェイは11月終盤ということで気温は低いながらも好天となった。午前9時からの公式練習では、3号車GT-Rはまず平手 晃平が走行しセットアップを確認、アジャスト後にドライバーを千代 勝正に代えてロングラン、最後の専有走行で予選アタックシミュレーションと、予定通りにメニューを消化していった。


GT500クラスの予選は15時03分にスタート。路面温度は13℃と低く、各マシンは開始からすぐにコースインし入念にタイヤを温め、終盤から本格的なアタックに入っていく。ミシュランタイヤユーザーの3号車GT-Rのアタッカーは千代が担当。B-Maxチームは温まりが早いミシュランタイヤの特性を最大限に活かす為、集団の最後に3号車をコースインさせた。クリアラップを連続して取れる絶妙のタイミングでのコースインであった。2周のタイヤウォームアップを経てアタックへと入る千代。自身でも今シーズン、ベストのアタックだったと振り返ったそのタイムは1分26秒513。6位で3戦ぶりのQ2進出を決めた。14年間SUPER GTに参戦したR35型GT-Rが富士で記録したタイムとしては歴代最速のタイムとなった。


Q1終了から約30分後に開始されたQ2は、路面温度がさらに下がったコンディションでスタートした。3号車GT-Rの平手は4周目にマークした1分26秒820がベストラップ周回となり、8位で予選を終えた。温まりが早いというタイヤ特性を活かし、決勝では序盤からの追い上げに期待がかかった。


■千代 勝正コメント
「今シーズン最後の予選でシーズンベストのアタックができて良かったです。チームがコースインさせてくれたタイミングが良く、前がクリアな状況でしっかりタイヤを温めることができたことも良かったです。明日も寒くなりそうですが、ウォームアップ性能が良いミシュランの強さを活かしてオープニングラップからポジションを上げていきたいと思います。クルマもさらに良い状態で決勝に臨めるようしっかり準備して、R35 GT-R GT500の最後のレースを完璧な形で走りきってシーズンを終えたいです」


2021 AUTOBACS SUPER GT Round8
「FUJIMAKIGROUP FUJI GT 300km RACE」決勝レポート

SUPER GT 2021 最終戦を3号車GT-Rは8位でフィニッシュ

11月28日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:8位 1:48'38.624 66周(千代→平手)

日曜日も富士スピードウェイは朝から快晴となり、絶好のコンディションで13時00分、決勝レースがスタート。8番グリッドの3号車「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」は千代 勝正がスタートドライバーをつとめた。


レースはオープニングラップから上位グリッドにつけたタイトル候補の数台を中心に激しいバトルが繰り広げられた。そして後方から、その争いに名乗りを挙げようと近づいていくマシンが1台。それが3号車GT-Rだった。ミシュランのウォームアップ性能の高さを活かし、千代はスタート後の1コーナーから果敢にオーバーテイクを仕掛け、23、39、3号車が3ワイドで1コーナーを立上る。この攻防を制し39号車をかわすと、3周目には23号車をダンロップコーナーで鮮やかにオーバーテイクして6位へと順位を上げた。


7周目にセーフティーカーが入るなど、最終戦もレース序盤から荒れる展開となった。ここでチームは戦略を組みなおし、ミニマムピットインタイミングの翌周にピットインし、上位陣に対してアンダーカットを狙う作戦を採った。この作戦は成功し、最終戦でもB-Maxチームは迅速なピットワークで平手をコースに送り出す。後半を担う平手 晃平もアウトラップからタイヤ特性をいかんなく発揮する走りを見せ、一時は実質2位まで浮上。3号車GT-Rは表彰台が狙える位置まで一気に躍進を果たし、レース後半のさらなる活躍を期待させた。


ところが3号車GT-Rの勢いは続かず、ロングランとなる後半はタイヤマネージメントをしつつ、我慢のレースを強いられることになる。オーバーテイクしやすい富士スピードウェイは一方で、守るのも難しい。3号車GT-Rの順位は41周目には9位となっていたが、ラストで順位をひとつ戻し、8位で最終戦のチェッカーを受けた。2021年シーズンはドライバーズランキング10位(39ポイント)、チームランキング8位(58ポイント)で終えた。


■千代 勝正コメント
「今季最終戦のレースは現行のGT-Rで走る最後のレースでもあり、思いきり走りたいという気持ちがありました。そこでオーバーテイクを決めることもできました。今季はスタートドライバーを務めることが多かった中で、しっかりポジションを上げていくという役割を果たせて良かったと思います。チームもピットワークの速さを含め、すごく頑張ってくれてシーズンを通してベストな戦いができました。チャンピオンシップについては前半戦からコンスタントにポイントを重ねる事が出来ていましたが、SUGO、もてぎでポイントを獲れなかったことが大きく、タイトル争いに最後まで残れなかったのが残念でした。そこはまた来年、チャレンジできればと思います。今シーズンもご支援頂いたスポンサーの皆様、各サーキットやTV、SNSなどで応援して頂いたファンの皆様、たくさんのご声援を頂きまして、有難うございました。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2020年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

5

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31