2022 AUTOBACS SUPER GT Rd.7 AUTOPOLIS GT 300KM RACE

2022 AUTOBACS SUPER GT Rd.7 AUTOPOLIS GT 300KM RACE

Japansese / English

2022 AUTOBACS SUPER GT Round 7
「FAV HOTEL AUTOPOLIS GT 300km RACE」予選レポート

SUPER GT 2022第7戦、3号車Zは予選13位

10月1日(土) 天候:晴れ 路面:ドライ
■公式練習結果:12位 1'35.351(高星)
■公式予選結果:13位 1'33.443(高星)

SUPER GT 2022年シリーズはいよいよ大詰め。九州のオートポリスでセミファイナルラウンドの第7戦を迎えた。今回、ファンが最も注目するのがタイトル争いの動向。チャンピオン候補が絞られてくる中、その筆頭にいるのが3号車「CRAFTSPORTS MOTUL Z」だ。サクセスウェイトは今回から半減されて幾分戦いやすい状況ではあるが、ライバルたちのマークは厳しくなる。それは千代 勝正、高星 明誠ともに経験したことのない状況だが「とにかく1ポイントでも多く積み重ねて最終戦に繋ぐ」と目標をシンプルに掲げ、まずは土曜日朝の公式練習に挑んだ。



この週末は晴天が続くという予報は当たり、秋晴れの下で公式練習はスタート。まずは高星のドライブで持ち込みセットアップの確認とタイヤ比較を行った後、ドライバーを千代に代えてロングランを実施。3号車Zはここまで順調にメニューをこなしていた。だが専有走行の時間帯になり千代が予選シミュレーションに入った時、思わぬトラブルが発生。ドライバー名や順位を表示するLEDボードの配線がショートして車内に煙が出たため、車両をコース脇に停めた。このトラブルによりQ1を担当する予定だった千代がニュータイヤでの走行を行っていないことから急遽、高星にその役目は委ねられることになった。


晴天が続くオートポリスは午後になると暑さが増し、気温25℃、路面温度39℃というコンディションで午後3時33分、GT500クラスの予選Q1がスタート。3分を経過したあたりから各マシンがコースインしていく。高星がドライブする3号車Zも集団の最後の方でコースインすると、計測2周目にアタックを開始。ミスの無いアタックで3号車Zは1分33秒443をマークした。その時点で10位だった順位は全マシンがアタックを終えた後、最終的に13位となった。明日の決勝は後方からの追い上げとなる。


■千代 勝正コメント
「トラブルでQ1ドライバーが変更というイレギュラーがありましたが、そこはチームのフレキシブルな判断だったと思います。路面コンディションが良くなかったことで、予選順位については想定内です。去年のオートポリスでは15位スタートから4位まで浮上することができていますし、今回も順位はレースで動くと思うので、それほど心配はしていません。明日、レースをどう組み立てていくかの方が重要だと思います。燃料リストリクターの制限を受けていて厳しいバトルになるとは思いますが、バトルについても今季はこれまで良い結果が多いので、自信はあります。気温がどうなるのかもカギになりそうですが、そこはミシュランタイヤを信じています。まずは自分たちのやるべき仕事をしっかりとやることに集中していきます」




2022 AUTOBACS SUPER GT Round 7
「FAV HOTEL AUTOPOLIS GT 300km RACE」決勝レポート

SUPER GT 2022 第7戦、3号車Zは7位入賞でランキングトップをキープ

10月2日(日) 天候:晴れ 路面:ドライ
■決勝結果:7位 1h54'33.974 65周(千代→高星)

日曜日もオートポリスの上空には朝から青空が広がり、レース開始の午後2時35分時点の気温は25℃、路面温度は43℃。前日の予選よりも暑いコンディションで65周のレースがスタートした。

スタートから序盤は全体的にあまり順位が変動しない静かな展開だったが、その中で際立ってアグレッシブに動いていたのが3号車「CRAFTSPORTS MOTUL Z」だった。スタートドライバーの千代 勝正は燃料リストリクター制限の影響でストレートでのトップスピードの伸びに苦戦しながらも、ミシュランタイヤの温まりの良さとポジショニングの上手さで1コーナーで1台、その先でさらに1台。1周目に早くも2台をパスすると。3周目にも順位を上げて早くもポイント圏内の10位に到達する。だが快進撃はここまで。以降も順位を上げていけるだけのペースは十分持っていたが、9位のマシンの執拗なブロックの前になかなか突破口が開けず、しばらく足踏みが続いた。



そうしたもどかしい状況が10周以上続き、22周目のミニマムピットインタイミングが訪れた。そして、ここで数台がピットインしたが、3号車Zはピットアウト時の位置など様々なことをシミュレーションした結果、ステイアウトを選択して2周後の24周目にピットイン。後半スティントを担当する高星 明誠へマシンを託す。高星のアウトラップが速かったこともあり、全マシンがピットインを終えた42周目には9位へと浮上していた。



3号車Zのペースは終盤になっても衰えず、なおも攻め続けた。46周目に上位1台がトラブルに見舞われたことで8位に浮上すると、7位にも追いつきオーバーテイクに成功。7位でフィニッシュし、4ポイントを積み重ねた。この結果、ランキングトップを維持したまま最終決戦を迎えることになった。


■千代 勝正コメント
「3周目までは順調だったのですが、その後に9位の車両に詰まってしまったのが痛かった。オーバーテイクポイントは1コーナーか第2ヘアピン。そこで相手の方が伸びるため、前になかなか出ることができず、かといってチャンピオンがかかっているので無理もできないという難しい状況が自分も高星選手も長く続いていました。タイヤのパフォーマンスは良かったのですが、燃リスの影響で終始厳しいレースになりました。でも、その中で4ポイント獲得する事ができ、ランキングトップのままで、点差もそれほどつめられなかったのは運が良かったと思います。僅差で争うライバルが1台増えて最終戦では全く気を抜くことができなくなりましたが、もてぎでもZは速いと思います。あとは短い期間でのタイヤ開発がカギを握ることになりそうです。最終戦の目標はポール・トゥ・ウィン。ライバルを寄せつけない強さでチャンピオンを決めたいと思います。」


ARCHIVE ARTICLE

千代 勝正

レーシングドライバー千代勝正です。 2020年シーズンは#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-RでSUPER GT GT500クラスに参戦します。 応援宜しくお願い致します!

12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31